女性であること

梅雨のような夏の終わりで、少しやり残したような、

暑い太陽をもう一度見たいような気持ちになりますね。

今日は、少し長く真面目に書いてみたいと思います。

 

最近、女性のこころとからだについて、

考えさせられる記事や本に出会うので、

murmur magazine No.17 を読み返していました。

とても人気のあるナンバーですが、

読むのが恥ずかしい、と思う方も多いかもしれません。

そういう特集です。(あえて、書かないので想像して下さいね)

でも、恥ずかしいと思っている人に、読んで頂きたいし、

本当は、パートナーにも読んでもらいたいです。

特に、現代のよく見られる情報しか知らない男性に、

読んでもらいたいです。

 

私は突き動かされる様に、その時々を生きて、仕事を選択してきました。

そして、いつも女性を応援してきました。

もしかしたら、太古より蓄積された女性としてのDNAみたいなものなのかもしれませんが。

どうも、高圧的な男性や、DV、セクハラ、モラハラのような事柄を目にすると、

その女性は大丈夫だったかな?と気になります。

私が就職した時期は、そういった言葉さえなく、嫌な思いもしました。

でも、声を上げて反対している場面も見た事がありませんでした。

もちろん、私も余り、しなかったと思いますが、、、言い返した記憶もあります(笑)

 

 

ン十年経った今でも、少しは改善されているでしょうが、

週刊誌の見出しをみても、女性の扱い方に不快な思いをしてしまいます。

また、逆に女性性を利用した、男性への被害もあるでしょうし、

マイノリティーへの被害もあると思うので、

全ての人にとって、大切な事だと思います。

お金や地位や腕力で、弱い立場の人を、思いのままにしようとする事、

そこには愛がひとかけらも見つかりません。

 

元来、聖なる物であったと言われる性のお話。

その事に気付く人が増えると、

もっと、平等で平和的な関係が築いていけるのではと、願っています。

 

では、どうしたらいいの? となりますよね。

まずは、自分を褒めてみましょう。

自分の身体の欠点なら沢山言えますが、長所は少ないのでは?

太い足も、少したるんだお腹も、頑張ってきた証拠です。

 

次に、自分を大切に扱います。

高い下着を買ってもいいし、

布ナプキンを使っても良いです(これは、本当にオススメです)

そして、感謝の言葉を言ってみましょう。

「いつも支えてくれてありがとう!」

 

それから、パートナーや周囲の人との関係を見直してみましょう。

不当な扱いや、我慢している事。

自分のハートに聞いてみて、嫌だな、と思ったら、

自信を持って、断ってみましょう。

「私はそれをする事(言われる事)が好きではありません」

・・・・善悪。正義か悪か。ではないのですよ。ここ注意です・・・

 

まずは、ここから始めましょうか。

やはり、女性の笑顔が輝く時代であって欲しいと思います。

 

 

明日より、しばらく関西へ出かけます。

Facebook、インスタグラムでは、アップ出来ると思います。

ブログのみの方、また報告いたしますね。

 

サンキュウハンド お問い合わせ http://www.facebook.com/thankuhand

イベントのお問い合わせ・カードリーディングのお申し込みはこちら       https://sistermoon11.com/cardleading/

今後の予定  詳細が判り次第、告知して行きます。

 * 9月28日(水) cafeころん 11:00から14:00 カードリーディング予約受付中

 * 10月30日(水) cafeころん 15:00から18:00 カードリーディング予約受付中

 * 11月3日 (火) イベント参加

* 11月29 日 (日)イベント参加

 

 

 

 

securedownload

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP