目にしているのは幻

こんにちは。

 

11月18日(日)

ムーン姉さんこと

sistermoon  いのうえひとみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のブログの続きのようなものになりますが。

親子関係で悩んでいる方も多いと思うので、

少し書こうかなぁ、と思います。

 

どのご家庭もそうでしょうが、

何かしら、「引っかかること」があると思うのです。

大きさや、重さにもよると思いますが。

 

昨日は、父からの要望がワガママ!と言う話だったのですが。

考えてみたら、それほど傲慢な要求ではなく、

様々な趣味や活動をしているので、

あちこち連絡や、USBはどこにあるとか、

そんなことが気になったのですね。

 

ところが、病室に父を訪ねて、

「まぁ、ここに座りなさい」と病室のソファに促され、

様々な話を聞いているうちに、

メチャクチャに怒りが湧いてきてしまいました。

妹もモヤモヤしているらしく。

でも、その理由がわからずに、

帰ってきたのです。

 

この怒りは、どこから来るんだろう?

そんなことを感じながら、

しばらく自分自身の心の中に入って行きました。

 

小学生の私が出てきました。

(インナーチャイルドである私です)

父に言いたいことがあるんだけれど、

うまく言えない。

言っても、ちゃんと聞いてくれない。

難しい顔をしている。

「ここに座りなさい」

そう言って、ながーいながーい苦痛となる話が始まる。

うわぁ。これが嫌だったんだ。

そんな場面は、何度も、何度もあったのです。

みんなよりも、かなり厳しい決まりごと。

(みんなって誰だい!って話ですが)

そこに理不尽を感じていたのです。

帰宅時間とか、

欲しいものとか、いろいろね。

 

 

何度も何度も、

自分との対話を繰り返して行くと、

「自由になりたい!!」

そう心から叫んでいました。

あぁ、苦しかったんだなぁ。

もっと、私を信じて欲しかったなぁ。

ちゃんと話を聞いて欲しかったなぁ。

世間体とかだけで、

私の行動を制限したりしないで!

そう言いたかったなぁ。

 

はい。思いっきり言いました。

スッキリしましたよ!

経過は端折りますが、

セルフセラピーをやってみました。

RFTと、インナーチャイルドケア。

 

結果的には、

1歳で父を亡くした父の、

娘に対する葛藤も感じることが出来ましたし、

娘に夢や希望を願い、愛情から出てくる言葉の数々。

 

ここで大切なのは、父の気持ちではなく、

自分がどう感じているか、だけです。

自分を守るための境界線。

それは、他人の気持ちは、ひとまず置いておいて、

自分のことだけに集中して、見て行くこと。

そうすると、

見ている世界は、

自分の気持ちを投影している世界。

勝手に自作自演している映像を

見ているようなもの。

幻なわけです。

その中で、思いっきり言いたいことを言うと、

とてもスッキリします。

 

これからも、

いろんな場面で、

いろんなことが出てくると思います。

出てくる感情を

一つ一つ、手に乗せて、

味わって、感じて、

手放して行く。

その空いたところを、光で包む。

そうやって、出来てしまった傷を癒して行く。

 

なんと言うか、

この作業が、好きなんだなぁ。

 

傷を持たない人は、いないのです。

何かしら、傷を持っていて、

見ないように蓋をしているのかも。

その中で発酵する前に、

見つめていけると、

体は軽くなりますよ。

 

いやぁ、毎日が新しい発見です!

 

お読みくださり、ありがとうございました。

 

お問い合わせは、HPから。

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

 

 

 

 

* あきる野のサロン

毎週火曜日。

13:00〜

一日、お一人様のゆっくりとした時間で、

お話を聞かせていただきます。

安心した空間ですので、ぜひお試しください。

ご連絡いただいた方に、場所をお知らせいたします。

 

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

*満月と新月に

インナーチャイルドカードで、

半月のリーディングをしています。

Facebook、インスタグラム、Twitterで、見られますので。

宜しかったらご覧下さい。

 

**********

 

facebook

instagram

twitter

 

フォローよろしくお願いします。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP