種火を消さないで・・・

おはようございます。

Life of card therapist   カードのある生活をお伝えする いのうえひとみです。

4月24日 (月)

二十四節気 穀雨 あし始めて生ず(あしはじめてしょうず)*水辺の葦が芽吹く頃

今日のカード :  THOTH  tarot:  XII 戦車 パワー

何かを手に入れようとする時、バランスを見て行きましょう。

戦車の両輪の様に、バランス良く!

コントロールするのではなく、調和を感じましょうね。

securedownload

 

 

 

 

 

 

 

4月もあっという間に、終わりそうですね。

いやぁ、早かったです!!

新しい生活が不安だ、との声を良く聞きました。

街の中で、コートも脱いで颯爽と歩く新人さん。

この希望の灯を絶やさずに、

持っていてくださいね。

 

みれいさんが、以前こんな事を仰っていました。

 

自分のやりたい事の種火は絶やさずに、

ずっと、燃やし続けている。

そのために、薪を焼べ続けている、と。

 

此の言葉を聞いたとき、とても感動して涙が溢れてきました。(ねぇ、萌ちゃん!!)

さぁよし!と思っても、夢を見続ける事も大変です。

その夢は、表に出さずに、

こっそりと薪を足して行けば善いのです。

この薪は、その為の勉強であったり、準備であったり。

熱意かもしれません。

その薪を焼べる作業は、とても楽しいワクワクする事です。

 

そうは言っても・・・

いま、目の前に思う様な仕事が来ないとき。

期間を区切って、やってみる。

今出来る最善を尽くしてみる。

その中で、何か新しい工夫が出来ないか。

手をつけていない事が有るかもしれませんよね。

また・・・。

yummyさんのお話会では、naoさんが、

「誰も手をつけていない、ブドウが有る筈」

と仰っていました。

なるほど・・!

上から言われた事だけでなく、

まだまだ、ブドウが有って、それを貴方らしく

『自分ごと』として扱って行ければ、楽しくなりませんか?

 

もちろん、もう限界!という時は、

休んだり、辞める事も範疇に入れて行って良いと思います。

でも、選択肢はそれだけではないかもしれません!

副業がOKでになる会社も増えて来ました。

チャンスが広がりますね。

 

ただの逃げで辞めてしまうと、

次の職場でも同じ様な課題が待っています。

その課題をクリアして、次に行く事も1つです。

その判断も、自分がどうしたいか?です。

ステキな自分になる様に、

いろいろな事を用意してくださいね。

 

種火を絶やさないこと。

それもかなりの努力が要ります。

でも求める事は1つなのではないでしょうか。

 

自分らしい仕事。

その種火を消さない様に。

 

それでは、連休前の一週間。

ステキな日々を!

 

 

 

 

 

 

**********************

mur-mur-mgazine for men  3号を

sistermoonで、お申し込みして頂いた方には、

特製のおみくじと、トートタロットの

1枚リーディングもお付けします。

本代  ¥900(税込み)+送料 のみでの受付です。

27日には発送出来ると思います。

お待ちしております。

sistermoon1111@@gmail.com

@を1つとって、お申し込み下さいませ

ご住所・お名前・電話番号を記入してくださいね

********************

青梅・あきる野に来るのは、遠いなぁという方に。

金曜日に、目白でセッションが可能になります!

スペース代が掛かりますが、

ゆっくりご相談したい方に、

安心・安全な場所となります。

ご相談下さいませ。

sistermoon1111@@gmail.com

@1つとって、メールにてお申し込みください。

*************************

日々、新しい自分に気付くこと。

3ヶ月かけてやって行きませんか?

↓  お申し込み、お待ちしています。

sistermoon1111@@gmail.com

@1つとって、メールにてお申し込みください。

***********************

新しい、メニューです。

スタートダッシュ・サポート・リーディング

3ヶ月間、御一緒しましょう。

あなたを全力で、サポートします。

ご相談メールは何回でもOKです。

新生活に戸惑ったり、不安だったり・・・。

そんな方是非!

***************************

お問い合わせ

http://sistermoon11.com

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP