親への思い

成長して行く上で、

考え方の大半は環境とくに親の意見が、

其の方の価値観を作っている事が多いです。

価値観だけでなく、心のブロックになっている事もあります。

タロットカードはそのような潜在意識に気付く

ツールでもあるのです。

セッションのなかで、親への憎しみがあらわになる事も有ります。

 

11月に羽村のゆとろぎで公開される、「うまれる」という映画。

監督の豪田トモさんは、そんな親への思いから映画の企画をされます。

車の運転中に、ラジオでたまたま聞いた監督のお話は感動的でした。

ご自分の体験から、取材する中での気持ちの変化。

そうして完成したこの作品への思い。

上映会でしか見られないこの作品を見たいと思っていました。

 

親になる事。

子供である事。

どちらもしんどい時が有るのではないでしょうか。

でも、この親を選んで生まれてきたのだとしたら・・・。

きっと、見終わった後に景色が変わって見えるのではないでしょうか。

 

子供と一緒に見られる回は、残り少ないようです。

11月が今から楽しみです。

securedownload

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP