逆説のカード

タロットカードに「吊るされた男」 という少し不気味なカードがあります。

・・・私は良く出ます(笑)悪魔も出ます。師匠には「悪魔な人ね」と言われました!!

タロットカードの怖い絵のカードが即、悪い事に繋がる訳ではないのです。

 

今日は個人的に大切な日でした。

夕べ、その結果についてカードを見ていると、

吊るされた男がキーカードでした。

村上春樹流に言うと、「やれやれ」 といった感じでしょうか。

このカードのポイントは逆説的な意味合いがあるのです。

手放す事でコントロールし、明け渡す事で獲得する。

一時停止する事で、全ての時を知り得る。そんなカードです。

そうありたいと強く願う事が、最前の道ではなく、

その意志を強く持つ時こそ、手放したほうがいい。

意外にも、正反対の動きをする事で、

探し求めているものが見つかる、なんてこともあります。

「陰極めれば、陽となる」という考え方も東洋にあるようですが、

執着するのではなくニュートラルでいることが大切なのでしょう。

 

カードの通りの結果になりました。

あとは流れに任せるしかないですね。

私は常にニュートラルでオープンでいようと思います。

 

そんな訳で、この所断っていた甘いものを今日は少し食べました。

食べてはいけない・・ではなく、食べても食べなくてもいいのです。

やれやれ・・・ですね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP