何があっても

夏が本格的に始まる頃、私は病院に通っていました。

偏頭痛を持っています。話せば長くなるので簡単に述べますが。

とにかく、一度細かく調べようという事になりました。

そこには、検査や、今後起こりうる有り難くない可能性も含まれていました。

 

今日、結果が出て問題無しでした。

 

でも、大きく気持ちは揺らぎませんでした。淡々と受け入れられました。

こう思えるには時間が掛かりました。恥ずかしながら・・・。

最終的に思っていたのは、

「何が有っても、良い事も悪い事も受け入れます」 でした。

 

考え始めると、様々な思考が湧いては消え、また湧いてきます。

シンプルに考えて行くと、在り来たりですが、

悔いの無い様に生きよう、と思いました。・・・はははー単純!

疑問の有る事、ハートが喜ばない事に時間を費やすのがもったいなく思いました。

そして、自分自身を非常に客観的に見る事も出来る様になりました。

 

人の目を気にしていたり、

怒られる事を避けていたり、

失敗する事に怯えていたり、

弱さもエゴもたくさん見えました。

 

と同時に、自分がどうやって立っていたいのか、

なにが好きなのか、

何に喜びを感じるのか、もクリアになってきました。

 

ドキドキ、ハラハラしましたが、大きな学びのある数週間でした。

未来は誰にも分かりません。

何かを学んだら、良い事しか起らない・・・なんて事は絶対有りません。

自分にとっていいと思う事もそうでない事も均等にやってきます。

いいと思う事が本当は煩わしくて、

そうでもない事が、後から考えるとすごくいい事ってこともあります。

分からないから楽しいのです。

良い事を期待する事は、未来に制限を掛ける事になります。

何が有っても受け入れる事が出来れば、恐れは少なくなるでしょうね。

何が有っても、喜んでいられたら楽しいと思いますよ!

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP