夏の冷えとり

毎日暑いですね。

こんな日でも、靴下を重ね履きしております。

冷えとりを初めて3回目の夏です。

1回目は少し重ねましたが、

昨年からはしっかりと最低4枚は履いています。

 

今日は、冷房の効いた電車に乗り、

長い時間冷房の効いた部屋で、講義を受け、

その行き帰りは暑い都会を歩き、また冷房の効いた電車に乗って帰宅しました。

講義会場では、冷房が効きすぎている、止まると寒いなど、

服を着たり脱いだり、くしゃみをする人も多くいました。

 

私はというと、特にジタバタすることなく帰って参りました。

この夏、特に感じるのは、このジタバタ、あたふたする感じが無い事です。

冷えとりは、こころの冷えとり、とも言われます。

こころと身体が繋がっている事がわかってきました。

 

つまり、身体の冷えが取れると、外側の環境に影響されなくなります。

最近暑くてしんどい時は、首から上を冷やしたり、右の手首(上半身と繋がっています)を冷やします。

それだけです。靴下は履いてい後はひたすら上半身から熱を逃がすだけで、快適に過ごせます。

今日の様に、様々な温度差があっても、大きくぶれる事はありません。

 

これはこころの冷えが取れて、グラウンディングが出来てくる事と似ています。

軸がしっかりしている、イメージです。

太い幹が出来ると外側からの影響を受けなくなります。

まさに今日の体験はそのことを表しているな、と思いました。

 

電車の中でも、冷えとりしてる方を見かける様になってきました。

楽しい冷えとりが広がるといいです。

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP