野にある様に生ける

写真の花は、この時期に咲く大好きなシモツケです。

この花は茶花(お茶席に生けられる花)で、

千利休が唱えた、「野にある様に生けなさい」という思いを、

受け取ってくれるお花だと思います。

 

講演会や、WSで学んだことが、後から大きな気付きになることもあります。

6月に入り初めて会う方が増えて、私自信の過渡期なのだと感じていますが、

今日の気付きは少し熟成させて・・・

先月の佐藤初女さんの講演会のメモが、

今になって、大きな学びとなっています。

 

〈無条件にいろいろな考えを持たないで人と会う〉

 

出会いと言うのは、ひな鳥が卵のカラを破るようなもの、と

仰っていました。

そうやって、外へ出て行くと、

自分のいる世界がいかに小さくて、

狭い価値観の中だけで、右往左往していることに気付きます。

 

最近会った方々には、私の見ている世界の小ささを

教えて頂いています。

ただ思うのは、その小さな世界も熟知していないと、

外の世界を見た時に、溺れてしまうと思うのです。

 

茶室の制約の中の花を、野にある様に生けるには、

広い野にある花々を、生き生きとした光景として

知っていなければ生けることが出来ないと思います。

また、その制約を熟知しているから、感動するのです。

 

外へ出て、人と会うときに、

先入観なく人と会えること、本当に大切だと思います。

 

ルノルマンカード、好評いただいています!

新しいメニューです

イベントのお問い合わせ・カードリーディングのお申し込みはこちら       https://sistermoon11.com/cardleading/

securedownload

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP