ふりだしに戻る

おはようございます。

 

8月23日(木)

ムーン姉さんこと

sistermoon  いのうえひとみです。

 

My favorite things 100.

No.96   「インナーチャイルド」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の好きなことは、インナーチャイルド。

小さかった時の自分。といってしまえば簡単ですが・・。

小さいながら、傷ついている自分。といったほうがいいかな。

色々な呼び方もありますが、

育っていく中で、

色々な場面で、

子供は何かしら、傷ついていると思うのです。

 

その傷は、あっても気にならない人もいるのでしょうが、

大人になって、度々湧き上がる不安、

いつも同じようなところで、躓く。

などなど。

人によって様々なのですが、

様々な傷があるのです。

 

そして、

このインナーチャイルドと向き合うというのは、

時間も掛かります。

少しずつ、

一枚一枚、玉ねぎの皮をむくみたいに、

根気のいる作業なのです。

 

でも、やり始めてみると。

自分のインナーチャイルドと向き合おう!

と決めるだけで、

なぁんにも考えていない時とか、

ぼーっとしている時とか、

そんな時に、

あっ!そうだったのか!

みたいな、気づきがきます。

こんなことは、時々あります。

 

その経験が、

自分の中で、癒しにつながるのです。

不思議なんですけど。

 

誰かに相談で生きない時。

一人で解決したい時。

そんな時に、役立つツールとして、

インナーチャイルドと向き合うことが、

今のところですが、

一番自分にフィットしています。

 

小さい頃の自分。

頑張ってた自分。

大きな役割を担うべきだと、

思っていた自分。

 

そんな小さい自分を、

愛おしいなぁと、思うのです。

 

それだけで、癒せるの?

と思いますが・・・。癒せます!

 

過去も未来も現在も、

同じなのです。

イマココ。

過去にすがるのでも、

未来を夢見るのでもなく、

今ある自分が、

小さい自分に会う。

 

今が変わると、

過去も未来も変わっていく。

 

より自由に、

より愛に溢れて。

 

インナーチャイルドとの出会いが、

幸せな日々に繋がりますように・・・。

 

 

お読み下さりありがとうございました。

 

*お知らせ*

 

1. ただ話を聞く

この企画に関するブログはこちら  →  ⭐️

話を聞いて欲しいなぁというかた、お待ちしています。

お申し込みはこちら  →     

 

 

2. マリイ 松岡一哲写真集

 

私が扱っている、mmbsから素晴らしい写真集が発刊されました。

サイトからの紹介文です。

********************

松岡一哲写真集『マリイ』が、いよいよ登場!!
近年、各界より注目され、正式な写真集の発刊が待たれていた
写真家・松岡一哲、初の本格的な写真集です。

企画から5年以上の歳月を経て生まれた本書は、
松岡一哲が妻のマリイと撮影しつづけた一冊。

松岡一哲は「ただ在る」、その人間の営みを、
妻・マリイ、あらゆる人物、風景から静謐に捉え続けます。

純粋なる写真芸術として写真史の系譜に堂々と立ちながらも、
最新の写真表現を実現した渾身の作品集、ぜひご高覧ください。

「ここ何年かに見たなかで一番の写真集です」(森岡書店 森岡督行)

*********************

そこで、sistermoonとしては、

毎回のように特典付きです!

カードリーディング&おみくじ付き

¥10.500  + 税

愛に溢れた素晴らしい写真集です。

どんな言葉でも言い足りないくらいです。

お申し込み sistermoon1111@@gmail.com

@を一つとってください。

 

 

3.      あきる野のサロン

毎週火曜日。

13:00〜

一日、お一人様のゆっくりとした時間で、

お話を聞かせていただきます。

安心した空間ですので、ぜひお試しください。

ご連絡いただいた方に、場所をお知らせいたします。

 

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

*満月と新月に

インナーチャイルドカードで、

半月のリーディングをしています。

Facebook、インスタグラム、Twitterで、見られますので。

宜しかったらご覧下さい。

 

**********

今日はいつもより

be slowly 🐢

いつもの自分が

少し先で待っている

 

facebook   

instagram

twitter

 

フォローよろしくお願いします。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP