ぜんぶ愛から・・・

おはようございます。

 

 

12月26日(水)

 

 

ムーン姉さんこと

sistermoon  いのうえひとみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスも終わり、お正月までの

この中途半端な日々が、

嫌いだったのですが。

今年は、クリスマスも、

なんだか淡々と過ぎていきました。

何を見ていきたいか?

によって、

見ている景色も変わっていくのでしょうね。

 

そして、今日は新月。

InstagramやFacebookで、

カードリーディングを掲載していますので、

よろしかったらご覧くださいませ。

部分日食も起こるのだとか。

パワフルな新月になりそうです。

 

さて、昨日は、スターウォーズの最新作を

見てきました。

 

4年前に、たまたま遭遇した

スターウォーズのイベント。

レイ役のデイジー・リドリーや、

他の出演者も登場する豪華なものでした。

でも、シリーズ初登場の彼女に、

まだ思い入れもなく・・・。

ふーんというわたし。

 

それが、昨日のシリーズ完結編と言われている

最新作では、

力強く、そして美しいレイを、

かっこよく演じていました。

 

このシリーズの作品には、

根底には「愛」が流れていると思っています。

それが、この最終作には、

愛がふんだんに溢れていました。

 

この「愛」は、惚れた腫れたの愛だけでなく、

家族愛、人類愛、ドロイド愛、博愛、慈愛・・・。

全ての愛が盛り込まれています。

 

今日の日めくりカレンダーも

「ぜんぶ愛から見てみる」でした。

憎しみや、怒りからでなく、

愛から物事を見ていく。

 

これがなかなか出来ないのです。

愛に満ちた場所に立って、

物事を眺めてみると、

全てひとつであることに、

気がつきます。

 

どんな物事も、

どんなに、憎んだ相手でも、

全てひとつだったとわかると、

その気持ちさえなくなっていきます。

その相手は、わたしだから。

相手は、鏡。

あなたはわたし。

わたしはあなた。

 

そこに気付ければ、

世の中は愛に満ちていくのになぁ・・・。

映画を見終えて、

そんなことを思っていました。

 

余談ですが。

このスターウォーズシリーズは、

実際に過去にあったことを映画にしている、と

言っている方もいます。

実際に、このようなことが、

今も宇宙のどこかで、

繰り広げられているのかもしれませんね。

 

昨日は私も、この映画で不思議な体験をしました。

むかーし夢に見た空の映像。

なんなのか分からなかったのですが、

すごく鮮明に覚えていました。

それと同じような映像が、

この映画に映し出されていました。

 

すごーい過去に見た映像だったのかしら?

皆さんも、そういう体験があるかもしれませんね。

フォースもお持ちかも?

 

では。。。

 

フォースと共に!!

 

 

 

お読みくださりありがとうございました。

 

 

 

*メッセージかメールでお申し込みください。

*****宇宙料金 リーディング*****

1、 まず、聞いてみたいことを思ってみる

2、 宇宙タイミングで、申し込む

3、 ご相談にあったカードでリーディングします。

宇宙タイミングでお送りします。

4、 振込先をお伝えします。

5、 好きな時に、好きな金額をお振り込みください。

 

こんな感じで、始めてみます。

宇宙料金のリーディング

ぜひ楽しんでみてくださいね。

お待ちしています。

 

******************

 

 

お問い合わせは、HPから。

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

* 青梅のサロン

ご希望の日にちを第3希望まで書いて、お送りください。

sistermoon1111@@gmail.com   @一つ取ってくださいませ。

13:00から17:00

 

マーマーマガジンをご覧になりたい方も、

お気軽にご連絡ください。

 

 

一日、お一人様のゆっくりとした時間で、

お話を聞かせていただきます。

安心した空間ですので、ぜひお試しください。

ご連絡いただいた方に、場所をお知らせいたします。

 

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

*満月と新月に

インナーチャイルドカードで、

半月のリーディングをしています。

Facebook、インスタグラム、Twitterで、見られますので。

宜しかったらご覧下さい。

 

**********

 

facebook

instagram

twitter

 

フォローよろしくお願いします。

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP