ヒロインに感じる

写真はクチナシの花です。花言葉は『洗練』『喜びを運ぶ』。

女性らしい、甘くても強さを感じます。

 

映画のヒロインなども、一人でも強く立ち向かう女性が好きです。

映画館でアルバイトをしていたので、大きなスクリーンや、大音量で観ることは、

いまでもワクワクします。

最近は手軽に、DVDやネットで観る事も出来て、それも良いですね。

 

「時間が出来たらやりたいことリスト」 を作っていて(笑)

映画を観る事も入っています。というわけで、今週はかなり観ています。

今朝は、懐かしい『愛と哀しみの果て Out of Africa』 を観ました。

1985年公開の映画で、多感な頃、有楽町の大きな映画館で観ました。

アフリカの美しさも良く覚えていました。

ヒロインは、一人で生きる強い女性 と思っていたのですが、

今日観ると、心の中では、男性に求める事の多い女性でした。

でも、結果的に強さと美しさが残るのですが。

男性は、当時は『わがままで勝手なひと』 と思ったのですが、

今は、自由で自立していて、彼の言う事が、すごく良く理解出来ました。

(やっぱり、レッドーフォードは素敵!)

 

20歳と50歳では、時代の流れもあるのでしょうが、

感じ方も異なるのを、面白いなと思いました。

 

また先日観た インド映画 『マダム・イン・ニューヨーク』は、

女性が、まだまだ虐げられている社会を映し出していました。

 

国、時代、宗教等に寄って、大きく変わる価値観の中で、

いつも柔軟に強く暖かく、困難に立ち向かう姿。

美しさと共に、彼女に心を奪われました。

 

映画には、時代背景や人種差別など数多くのメッセージが込められています。

この2本の映画も、まさにその点がベースになっています。

どこの国でも、男性でも女性でも、自分らしくいられる時代。

世界中がそうなるといいなぁ、心から思いました。

 

 

イベントのお問い合わせ・カードリーディングのお申し込みはこちら       https://sistermoon11.com/cardleading/

*8月に、稲城のいな暮らしさんで、冷えとりのイベントを企画中です。

 カードリーディングで参加いたします。

 
securedownload

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP