岳物語

秋の植物が気になり始めました。

まだまだ暑いですが、季節は秋に向かっていますね。

写真はすすきとおみなえしです。

 

学生の頃、薦められて椎名誠さんの岳物語を読みました。

椎名さんの息子さん、岳君のお話なのですが、

こういう子育ていいなーと純粋に思っていました。

まず、親以外の大人が沢山子供と関わっていること。

そして、親である椎名さんが岳君を人として、リスペクトしていること。

こういう親子関係がいいな、と漠然と思っていました。

 

以前、子供は預かりもの、というブログを書きましたが、

其の原点は、この本かもしれないです。

この岳君のその後のお話も書かれていて、そちらも面白かったです。

成長した岳君も素敵でした。

椎名家の様に素晴しい子育てではありませんが、楽しんでしてきました。

 

実際、どうしたかというと・・・

本気で叱ってくれる親以外の信頼出来る人に関わって欲しくて、

様々な体験をさせてみました。

もちろん、嫌がることはさせませんが。

息子はボーイスカウトがとても合っていたようでした。

親でもない世代(20代)の方達に面倒をみてもらい、

楽しかったようでした。

娘も水泳や合唱など楽しんでいました。

 

何かに長けている大人を見て、学んで行く。

親じゃない大人って、こんなすごい人がいるんだ。

きちんと叱ってくれるんだ。

 

実際、どんな風に思っていたかわかりませんが、

親ってたいした事ないよ、ってことを伝えたかったのです。

完璧じゃないし、間違うし、でも一生懸命なんだよ、と。

 

何処のご家庭にもあるように、様々なこともありました。

でも、楽しんで子育てをしてきました。

 

実は、会社員時代に電車で椎名さんをお見かけしました。

原稿のチェックをされていました。

その後、長男を身籠っている時にも、車から降りてきた椎名さんにばったり会う

ということがありました。

勝手に遠い親戚の様に思っています(笑)

 

自由な生き方にも憧れていたのでしょうね。

奥様の一枝さんもエッセイを書かれ、やはり自由な素敵な方です。

20年余前の書物ですが、今読んでも新鮮だと思います。

囚われない生き方が、これから必要となるかもしれませんね。

 

 

 

 
securedownload

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP