感謝を伝える

もう成人した男の子と女の子がいますが、

二人から同じ事で、

「感謝してる、ありがとう」

と言われた事が有ります。

 

何だと思われますか?

それは、食事の仕方です。

二人とも、「食べ方がきれいだね」 と言われた事があり、

それぞれ、そう言われた事が嬉しかったのか、

「お母さんのおかげだね、ありがとう」

と言ったのです。

息子は数年前、娘は先日の事です。

 

息子の時は、

鼻高々にこの事を思ったような気がします。

「でしょ?」  みたいな(笑)

娘の時は、

「私だけじゃないな、母や祖母達のおかげだね」

と、口をついて出ました。

 

しつけに厳しい母や祖母達だったので、

食事が楽しくないときもあったのですが、

自分も、同じように褒められた事があったのに、

私は誰にも感謝の気持ちを伝えていませんでした。

お恥ずかしい限りです。

 

子育てに迷った時、育てたように子は育つ と言い聞かせていました。

どんな育児書に書いてあっても、

自分が出来る事しか出来ないし、

高ーい目標を持ったとしても、

子供がそうしたくないかもしれません。

誰かに言われたり、どこかから持ってきた目標ではなく、

自分の中に、真理が有るような気がします。

もっと自分を信じて、褒めたり、叱ったり、慰めたり、愛おしんであげれば

OKなのでは無いかと思います。

 

子供達に助けてもらった時や、感動した時は、

感謝の気持ちを伝えてきました。

部活をやってくれていたおかげで、私にも沢山友達も出来て、

涙するぐらい感動させてもらって、ありがとう!

素晴しい作品を見せてくれてありがとう。

貴方のおかげで、初めての経験が出来たよ!

 

親子だけでなく、身近な方にも

素直に感謝が伝えられると良いですね。

今は、メールやLINEもあります。

言葉はエネルギーです。

真っ直ぐに伝えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP