木の上に立って見る 

つぼみが膨らみかけた河津桜の木の間に、鳥の巣がありました。

安全な場所に巣を作るのですよね。親心です。

親という字は、木の上に立って見る、と書きます。

なかなか出来ないのですが、

子育ての極意のような気がします。

 

子供は神様からの預かりものだと思って育ててきました。

決して、親の所有物ではありません。

一人で巣立って行く為の手伝いをするのが親なのです。

徒競走を代わりに走る事も出来ません。

テストも代わりに受ける事も出来ません。

でも、祈り、支え、応援する事は出来ます。

 

誰がなんと言っても、かあさんは応援してるよ!

 

口に出さなくても、そういう姿勢は伝わると思います。

子供の年齢は関係ありません。

赤ちゃんでも、成人していても。

目の前の、または離れて暮らす子供にも 祈りは届けられます。

心を込めた食事を作る事で。

綺麗に洗濯をした衣類を用意する事で。

お日様に干した布団を用意する事で。

 

いつも完璧な親でいる必要もありません。

大人って、こうやって疲れて、息抜きもいるんだな って

教える事も大事です(笑)

 

そんな子供から学ぶ事が沢山あります。

急に本質をつく事を言ったり、

あったかい感謝の言葉を言ってくれたり。

 

子育て中のママさん達、楽しんで下さいね!

 

 

*3月9日(月)

 

cafeころん

 

冷えとりカフェ & カードリーディング

 

11:00 〜 18:00

 

最近話題の冷えとりって何?

 

冷えとり靴下や、How to本をご紹介。

 

mur-mur magazine の特集号の販売もございます。

 

カフェメニューは、身体に良いものをご用意します。

 

 

 

 

 

イベントのお問い合わせ・カードリーディングのお申し込みはこちら

 

https://sistermoon11.com/cardleading/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

securedownload

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP