偏っていない?

おはようございます。

 

 

10月3日(木)

ムーン姉さんこと

sistermoon  いのうえひとみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、嫌いな人の話を書いたので、

今日は好きな人の話を。

 

好きな人は、たくさんいます。

感じがいい人なぁ、という程度から、

もうだーいすき!という人まで。

 

この好きという感情が、行き過ぎてしまうと、

執着になります。

 

例えて言うと。

あるカウンセラーの方のアドバイスが

良かったから、その人のことを絶対信じる。

とか。

ある病院の先生に、治してもらったから、

その先生の言うことは、絶対なの。

 

このような例は、よく聞くと思います。

でも、絶対なんてあり得ないのです。

その人も、日々変化しているし、

私たちだって、日々変化しています。

 

波動が合って、うまくいくこともあれば、

全く噛み合わない時もあるでしょう。

 

Aが絶対いい。Bはダメ。

 

これ、有り得ないことなのです。

ある人にはAが良かったけれど、

他の人にはBの方が良かった、と言うこともあります。

 

全ての物事には、

存在している意味があります。

 

偏った見方をしている時。

その偏りは、自分の中にあります。

 

自分に自信がないから、

誰かのせいにしておきたいから、

責任を取りたくないから・・・などなど。

そんな意識が、

偏ったものの見方を促すこととして、

起こり得ます。

 

何かに、陶酔しているなぁ。

執着しているなぁ。

そう思ったら、

俯瞰で見るようにして、

少し距離を置きましょう。

 

私がよくやる、  ”執着チェック”

 

それは、有ってもいいし、なくてもいい。

人であれば、

その人は、居てくれても良いし、居なくなっても良い。

 

どうでしょうか。

ドキッとしました?

 

何気なく、

依存してしまっていることって、

あるのですよね。

 

あっても良いし、なくても良い。

 

そう思えば、

本当に楽になります。

執着していない人なんて

いるのかしら?

と思うくらい、

多くの方が、

何かに頼って、依存しています。

 

私も、まだまだ気がつくと、

ズーンと執着モードに入りそうになります。

 

自分の足で立つことができれば、

何かと、誰かと、

寄りかかることなく、

適度な距離感で、向き合うことができるのでは?

そう思っています。

 

 

お読みくださりありがとうございました。

 

 

* 本のご紹介

「あいのことば 」  白井剛史(プリミ恥部)

¥1753 + 税 + 送料

カードリーディングをお付けしています。

残りわずかとなっています。

お早めにどうぞ。

 

sistermoon1111@@gmail.com

@を一つ取ってください。

メッセージ等でも

お受けいたします。

 

 

 

 

*メッセージかメールでお申し込みください。

*****宇宙料金 リーディング*****

1、 まず、聞いてみたいことを思ってみる

2、 宇宙タイミングで、申し込む

3、 ご相談にあったカードでリーディングします。

宇宙タイミングでお送りします。

4、 振込先をお伝えします。

5、 好きな時に、好きな金額をお振り込みください。

 

こんな感じで、始めてみます。

宇宙料金のリーディング

ぜひ楽しんでみてくださいね。

お待ちしています。

 

******************

 

 

お問い合わせは、HPから。

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

* 青梅のサロン

ご希望の日にちを第3希望まで書いて、お送りください。

sistermoon1111@@gmail.com   @一つ取ってくださいませ。

13:00から17:00

 

マーマーマガジンをご覧になりたい方も、

お気軽にご連絡ください。

 

 

一日、お一人様のゆっくりとした時間で、

お話を聞かせていただきます。

安心した空間ですので、ぜひお試しください。

ご連絡いただいた方に、場所をお知らせいたします。

 

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

*満月と新月に

インナーチャイルドカードで、

半月のリーディングをしています。

Facebook、インスタグラム、Twitterで、見られますので。

宜しかったらご覧下さい。

 

**********

 

facebook

instagram

twitter

 

フォローよろしくお願いします。

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP