富士山で感じた事③  巡礼の旅

おはようございます。

Life of card therapist   カードのある生活をお伝えする いのうえひとみです。

7月31日 (月)

大暑  土潤いてあつし暑し

今日のカード : 日本の神託カード : 聖なる屋久杉

深呼吸しましょう。

貴方のからだに流れる、血潮を感じましょう。

1人じゃないと判る筈です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日で、7月も終わりです。

富士山日記?も飽きて来られたかと思いますが、

もう少し続きます。

 

今日のテーマは

・巡礼の旅

富士山の写真を部屋に飾るといいとか言われ、飾っていました。

また様々な所で、

「富士山から流れて来る様な、きれいな空気をイメージして深呼吸!」

と言われた事が在ります。

そうやって、お世話になっているのになぁ。

数日前に、そう思い始めました。

 

そうだ、スペインのサンチャゴの巡礼の旅の様に、

富士山を登ってみてはどうだろう?と思いました。

霊山であり、修行の山。

うん、ピッタリ!

 

でも、お経を知らないしなぁ、と思っていたら、

いつもウォーキングする時に唱える、マントラが在ります。

歩きながら瞑想状態になるような、マントラだと本で読んで、

時々、声に出さずに唱えています。

それを、時々唱えながら、歩きました。

 

でも、なんせ長い時間です。

飽きてしまうので、

ホオポノポノの4つの言葉も言ってみました。

「ありがとう」という言葉は、

これまで、いろいろとお世話になっているし、

すんなり出て来る言葉でした。

 

そして、今や夏のシーズンは、富士登山が大渋滞!

日本各地から、世界各国から、

24時間、登山客を迎え、いやぁ、ホントに大変だろうなぁと思うのです。

実際に、人が繫がる登山道を見ると、

富士山に感謝しかないと、思えてきました。

 

一日で2万歩を超える歩数でしたが、

時々、ふっと足が軽くなって、

歩み進める事が気持ち良くなる時が在りました。

鳥居を幾つかくぐり、

山頂に着いた時は、

日の出の1時間程前でした。

風もなく、そんなに寒くもなく。

苦しかった歩みも、おおかた忘れる程でした。

 

女性は陣痛の痛みは忘れるという様に、

忘れることのできる痛み。

 

また、この長い時間を飽きないで過ごすには、

美味しい食べ物だ!と思い、

いくつか好きな食べ物を蓄えていき、

休憩するときには

「どれにしよっかな?」

とワクワクしていました。

 

 

 

 

歩みを止めなければ、たどり着く。

 

 

keep walking  ,

keep slowly.

 

ゆっくりでいいから、歩みを止めないで

 

 

ガイドさんのこの声に、随分助けられました。

 

1人じゃない。

いろいろな方々の力で、

登る事が出来たのだと思いました。

 

次の日あった、筋肉痛も収まって来ました。

人間てすごいです!

 

 

みなさんも素敵な夏休みをお過ごし下さい。

 

では、ステキな一日に。

https://sistermoon11.com/

 

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP