崇める

 

 

 

 

 

6月2日(木)

ご機嫌いかがでしょうか。

sistermoon  いのうえひとみ です。

 

6月に入りましたね。

湿気も少なく爽やかな朝に、ご機嫌です。

 

最近、よく考えている言葉「崇める」。

これは、ある韓国ドラマ『私の解放日誌』で、

頻繁に使われて気になっています。

 

簡単言うと、「愛する」が近いようですが・・。

あくまでも私なりの理解ですが、

あるがままを受け入れる、大きな無条件の愛。

と言う感じがしています。

 

抒情的で、美しい映像。

哲学・宗教・の意味で比喩や・象徴的な

演出が散りばめられている作品なんです。

そのせいか、見る側が考える場面も多く、

リピートしたり、振り返る方も多いようです。

 

こういう難解な作品も好きなので、

私も繰り返しみています。

それが、正しい、正しくない!と、

議論を戦わせることが好きなのではなくて、

あぁ、こう言う表現があるのね・・。

と、その世界にただ浸っている感じです。

 

軸に、男女のラブストーリーがあるのですが。

最終的には、崇め合うのかな・・。

と理解しています。

これは、ただのラブストーリーと違う点です。

 

よくある物語だと、

二人の関係をよくするために、

努力したり、相手に合わせたり、

我慢したり、譲り合ったりします。

 

この二人は、弱い所もあるけれど、とても強い。

だから、お互いをリスペクトし、

無理をしたり、願い事を強要したり、

相手を変えようとしたりしない。

ただクリアに、受け入れて、

ただただ応援する。

 

こう言う形でパートナーシップが成り立っていく、

そんな時代は新しいなぁ、と思いました。

 

基本的に、人は、一人なんだと。

でも自立した、強い一人と一人が出会うと、

依存しない執着しない、

ドライでクリアな関係が生まれるんですね。

 

監督・脚本・出演者の方々。

本当に素晴らしいです。

 

たかがドラマなんですけどね。

でも、好きなものがあるって、

楽しいです!

 

**********

メールでもカードリーディングを

お受けしています。

お気軽に・・・。

***********

 

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP