恐れは自分で作っている

こんにちは。

 

 

9月4日(水)

ムーン姉さんこと

sistermoon  いのうえひとみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の思考って、いい加減で、

自分が思うように見ている部分があります。

赤い車がいいなぁ、と思うと、

街を走っている車も、赤ばかりに目が行きます。

台湾に旅行に行きたいなぁと思うと、

台湾の名所や、美味しいものなど、

台湾情報が入ってくるのです。

世の中には、

赤い車と、台湾のことしかないくらい、

他の情報が入りにくくなります。

 

無意識に動かされている部分が

多かれ少なかれあるようです。

 

先日の旅で、

戸隠神社の奥社にはなんとしても行きたかったのですが、

一番の恐れは、

最後の階段への体力でもなく、

お天気でもなく、

クマでした。

 

それも、戸隠神社のクマ情報ばかり目に入るので、

(先ほどの赤い車や台湾みたいに)

そこに見入ってしまうと、思考ばかりが先行するのです。

すると、子グマを見た、とか。

今日も熊が出た。との情報がバンバン入って来ます。

 

 

熊に出会ったら、

目を合わさずに、後退する。

えっ?

そんな難しいこと、やったことないぞ!

鈴などを身に付けること。

おぉ。。。

その方法で、避けられるのか。

早速、購入。

わき道などには入らず。

なるほど。

真っ直ぐ歩くのみだ!

 

 

そして当日。

脇目も振らずに真っ直ぐ歩こう。

と言い聞かせ。

鈴もリュックにつけた。(写真が熊よけ鈴です)

チリン、チリン・・・。

いい音。いい音。

 

 

と、歩き出しますが。

出会う人たちと、ご挨拶。

清々しい。

楽しい。

呼吸が深くなる。

足取りも軽くなる!!

大きな木々に圧倒され、

驚きながら歩みを進めます。

 

だがしかし・・・。

奥社までの往復。1時間半ほどでしたが。

出会った人で、鈴をつけている人には、誰1人いませんでした。

私だけです。

わき道だって、綺麗な川が流れているので、

休憩していたり、サクサク入ってみてるし。

とにかく、楽しそうに、歩いている方ばかり。

 

私も緊張感がほぐれ、

次第に自由に散策を楽しみました。

なぁんだ、ウソだったのかぁ!

そんなにクマなんていないんじゃん。

と、韃靼そばソフトクリームを

参道入口の茶屋で食べました。

 

 

そんな次の日。

SNSに、奥社参道入り口を

のっし、のっしと歩く熊の姿がァアアアア!!

やっぱり、いたの?出たの?

その後どうなったかは、わかりませんが・・・。

これこそ私が見たい情報だったのかしら。

 

恐れや不安は、

自分で作っているもの。

それをまざまざと見せつけられました。

これから行かれる方。

鈴、持っていく派?

持たない派?

どちらにしろ、ご注意を!

 

 

お読みくださりありがとうございました。

 

 

*メッセージかメールでお申し込みください。

*****宇宙料金 リーディング*****

1、 まず、聞いてみたいことを思ってみる

2、 宇宙タイミングで、申し込む

3、 ご相談にあったカードでリーディングします。

宇宙タイミングでお送りします。

4、 振込先をお伝えします。

5、 好きな時に、好きな金額をお振り込みください。

 

こんな感じで、始めてみます。

宇宙料金のリーディング

ぜひ楽しんでみてくださいね。

お待ちしています。

 

******************

 

 

お問い合わせは、HPから。

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

* 青梅のサロン

ご希望の日にちを第3希望まで書いて、お送りください。

sistermoon1111@@gmail.com   @一つ取ってくださいませ。

13:00から17:00

 

マーマーマガジンをご覧になりたい方も、

お気軽にご連絡ください。

 

 

一日、お一人様のゆっくりとした時間で、

お話を聞かせていただきます。

安心した空間ですので、ぜひお試しください。

ご連絡いただいた方に、場所をお知らせいたします。

 

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

*満月と新月に

インナーチャイルドカードで、

半月のリーディングをしています。

Facebook、インスタグラム、Twitterで、見られますので。

宜しかったらご覧下さい。

 

**********

 

facebook

instagram

twitter

 

フォローよろしくお願いします。

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP