普通って・・・

 

 

 

 

8月30日(火)

ご機嫌いかがでしょうか。

sistermoon  いのうえひとみ です。

 

8月も終わりに近づきましたね。

今朝の東京は、ひんやりしていて、

あの暑い日を忘れるほどでした。

こんなに、秋が駆け足でやってくるのかしら。

忙しい秋になりますね。

 

風の時代=個の時代、とも言われています。

私が子供の頃は、

「みんな持っているもの」に憧れていて、

「一人だけ違う」のはいじめの対象となりました。

それは、今でもみられることですが、

その歪な価値観があれば、

本当に手放していく、時代だなと感じています。

 

この価値観は「自分軸」で考えるということにも、

繋がりますね。

 

これが完全に抜けるには、

なかなかしぶとい、感じています。

 

世間、ご近所、家族、親戚、親しい友人、上司、同僚・・・・・。

 

選択をする時に、誰かの顔が浮かびますか?

自分ではない人が浮かんだら、他人軸です。

 

私も少しずつ、実行していますが、

まだまだ、誰かさんの顔が浮かびます。

もちろん、そうすることが好きな方は、

それでよいのです。

 

でも、本当の自分が、

その選択をする時に、

苦しんでいたら、即、決断しましょう。

自分が本当に喜ぶ方へ。

 

普通という枠にも、

多くの人が囚われています。

自閉症スペクトラムを扱う、韓国ドラマがあります。

「普通」という言葉が、とても繊細に使われていて、

すごいなぁと感じました。

 

変わった子は、「普通ではない」と言われ、嫌われます。

でも、個性的な発想が長けていたら、

それは評価され、「普通ではない」になるのです。

 

出る杭は打たれるけれど、

出すぎた杭は打たれない。

 

そんな諺もありますが、

今までは、

なかなか個性を受け入れられる時代ではなかったかな、

と思います。

 

憧れる人がいるのは素晴らしです。

でも、同じ体重になっても

同じものを身につけても、同じ人にはならないですよね。

誰でも、それぞれに素晴らしい個性を持っているのに、

そのことをスルーしているのです。

 

もう、そのことに気づいて、

自分の意見を持ち、

自分を大切にして、

自分軸で生きていきましょう。

 

言い訳ばかり考えずに、

まずは、一歩踏み出して。

サクサク行動していきましょう。

 

その頑張りは誰のためですか?

その無理なことは、なぜしているのですか?

 

頑張らない時代の始まりなんです!

 

若い子たちをみていると、

風の時代を感じます。

でも幾つになっても、

変われることはできるのです。

 

そんな時代が来たなぁと

感じることが多いです。

 

どんな時代を行きたいですか?

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP