生きることと同じ

おはようございます。

 

3月12日(火)

ムーン姉さんこと

sistermoon  いのうえひとみです。

 

今日は少し、熱く語ってしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、介護の仕事を

ライフワークの一つとして、従事しています。

昨日まで、元気だった方が、

もう会えなくなる。

そんなことが起こる度に、

よく泣いていました。

 

今でも、悲しみはありますが、

泣くことはありません。

それは死に慣れてしまったからではなく、

その人にふさわしいタイミングでの死を

迎えられたのだろう。

と思えるようになったからです。

 

先日、写真家の幡野広志さんのことを

書きました。・・・

幡野さんの記事を色々読んでいるのですが、

安楽死を選びたいという幡野さんに対して、

様々な意見が飛び交っています。

 

私の中でも、

答えは出ていないのですが、

生と死は同じ。

生きることも、死ぬことも悪いことではない。

と、感じています。

 

母が、5年前に急逝しました。

その瞬間まで元気だった、ピンピンコロリです。

72歳だったので、

まだ若いのに、とか。

あんなに健康だったのに、とか。

食べるものも気をつけていたのに、とか。

いろいろな言葉が耳に入ってきました。

 

若くて、健康で、食べるものに気をつけていれば、

長生きできるはずだったのに、と言われているみたいでした。

家族として、母の死もショックでしたが、

何か原因があるんじゃないの?

何かできた事があったんじゃないの? と、

責められているみたいで、

それも落ち込みに輪をかけました。

 

 

5年経ち、

幡野さんの言葉を読み進めていくうちに、

死を忌み嫌い、よくない事だと思っていたのは、

私だったと思いました。

「死はよくない事」と、ほとんどの人が思っているでしょう。

生きるためにすることは、褒められるけど、

死ぬためにすることは、咎められます。

でも幡野さんのように、

死期を宣言されている方は、

どうやって死を迎えるか=

どうやって生きるか、なのです。

 

大きな意味で見たら、

誰でも死へ向かって生きていくわけで、

生と死は同じだというのが、

今の私の思いです。

 

長く生きて欲しい。

家族はそう思いますが、

母は、介護されたくないなぁ、と言っていました。

老けていくことも嫌がっていたので、

母にとっては、望んだ通りだったと思うのです。

 

実際、夢に出てきた母。

楽しそうに忙しく動いていて、

「驚かしてごめんね。

楽しくやっているから、安心して」

と言っていました。

きっと、その通りではないかと、

思っています。

 

とはいえ、私はビビリなので、

ちょっとした健康診断の結果にも、

右往左往、ジタバタしてしまいます。

幡野さんの言葉にもありますが、

安全地帯にいる人からの意見が、

死と向き合っている人とは、

かけ離れているのです。

私の意見など、安全地帯に立つものの

意見なのです。

 

昨日は3月11日。

大切なものが、目の前から消えてしまうこと。

その現実に、向き合い、

前を向いて生きること。

この現実を、淡々と生きること。

その日々が、少しでも穏やかで、

ありますように祈るばかりです。

安全地帯からできること。

まだまだ、探していきたいと思っています。

 

よりよく生きることは、

良い死を迎えること。

 

今を、

1日を、

大切に過ごしていく。

 

 

 

今日も素敵な1日に。

 

 

お読みくださり、

ありがとうございました。

 

******************

 

 

お問い合わせは、HPから。

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

* 青梅のサロン

ご希望の日にちを第3希望まで書いて、お送りください。

sistermoon1111@@gmail.com   @一つ取ってくださいませ。

13:00から17:00

 

マーマーマガジンをご覧になりたい方も、

お気軽にご連絡ください。

 

 

一日、お一人様のゆっくりとした時間で、

お話を聞かせていただきます。

安心した空間ですので、ぜひお試しください。

ご連絡いただいた方に、場所をお知らせいたします。

 

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

*満月と新月に

インナーチャイルドカードで、

半月のリーディングをしています。

Facebook、インスタグラム、Twitterで、見られますので。

宜しかったらご覧下さい。

 

**********

 

facebook

instagram

twitter

 

フォローよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP