繋がりを感じて

おはようございます。

 

7月20日(金)

ムーン姉さんこと

sistermoon  いのうえひとみです。

 

My favorite things 100.

No.66「御朱印帳」

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の 65番目の般若心経からの流れで、

66番目は御朱印帳です。

 

昨日の写経の会で、

ご住職からのお話に、感動していたのですが、

最近お詣りしたお寺のことが

話題に出てきて、

わぁ!繋がっているなぁと感じました。

 

ただ何となく動いていることも、

後になると、謎解きのように、

なぜ、そこへ行ったのかがわかるような、

そんなことがよくあります。

 

今年は十一面観音を見ようと決意し、

お正月に鎌倉の長谷寺から行き始めました。

般若心経は、観音様が語っているお話なのです。

ブッダの弟子も出てくるのですが、

この10人の弟子。

奈良の興福寺に弟子の像がある、とのこと。

おぉ!

4月に奈良の、長谷寺へ観音様を見に行った時に、

興福寺も伺いました。

阿修羅像には涙しましたが、

10人の弟子像は、有名!

そうか、こんなところにも

繋がりがあったんだ!と、嬉しくなりました。

 

小学生の頃から、

京都の祖父とお寺詣りをしていました。

その時は、祖父が御朱印をいただいていて、

それはそれは、有り難く、何度も何度もお礼を言って、

深々と頭を下げていました。

その姿を、2年ほど前に思い出して、

私もやって見ようと、始めました。

ここ数年は、

大ブームだそうで、

マナー違反する方も多く、

最近は、張り紙が多い御朱印帳の受付です。

 

いつも祖父といるような感じがして、

「ありがたいなぁ」と祖父も喜んでくれているようです。

なので、あちこち行って、

お詣りして、ご挨拶をしてから、

御朱印帳を開いて受付を訪れます。

 

思い出になりますし、

また神社や、お寺によって、

それぞれ趣が違うので、

帰宅してからも

楽しんで見ています!

 

写真は富士山で、御朱印をいただいた後の

日の出の時です。

夢中でいただいたのに、

ある場所に御朱印帳を忘れてしまい(汗汗)

必死で探して、見つかりました!

 

そう、このような

エピソードも満載なので、

好きなこと、

一つ一つが、楽しいのです。

 

今日も暑いようですよ。

水分補給と、無理をしないこと。

お体大切に。

 

お読み下さりありがとうございました。

 

*お知らせ*

 

1. ただ話を聞く

この企画に関するブログはこちら  →  ⭐️

話を聞いて欲しいなぁというかた、お待ちしています。

お申し込みはこちら  →     

 

 

2. マリイ 松岡一哲写真集

 

私が扱っている、mmbsから素晴らしい写真集が発刊されました。

サイトからの紹介文です。

********************

松岡一哲写真集『マリイ』が、いよいよ登場!!
近年、各界より注目され、正式な写真集の発刊が待たれていた
写真家・松岡一哲、初の本格的な写真集です。

企画から5年以上の歳月を経て生まれた本書は、
松岡一哲が妻のマリイと撮影しつづけた一冊。

松岡一哲は「ただ在る」、その人間の営みを、
妻・マリイ、あらゆる人物、風景から静謐に捉え続けます。

純粋なる写真芸術として写真史の系譜に堂々と立ちながらも、
最新の写真表現を実現した渾身の作品集、ぜひご高覧ください。

「ここ何年かに見たなかで一番の写真集です」(森岡書店 森岡督行)

*********************

そこで、sistermoonとしては、

毎回のように特典付きです!

カードリーディング&おみくじ付き

¥10.500  + 税

愛に溢れた素晴らしい写真集です。

どんな言葉でも言い足りないくらいです。

お申し込み sistermoon1111@@gmail.com

@を一つとってください。

 

 

3.      あきる野のサロン

毎週火曜日。

13:00〜

一日、お一人様のゆっくりとした時間で、

お話を聞かせていただきます。

安心した空間ですので、ぜひお試しください。

ご連絡いただいた方に、場所をお知らせいたします。

 

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

*満月と新月に

インナーチャイルドカードで、

半月のリーディングをしています。

Facebook、インスタグラム、Twitterで、見られますので。

宜しかったらご覧下さい。

 

**********

今日はいつもより

be slowly 🐢

いつもの自分が

少し先で待っている

 

facebook   

instagram

twitter

 

フォローよろしくお願いします。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP