自分でハンドルを握る

 

 

 

 

3月22日(火)

ご機嫌いかがでしょうか。

sistermoon  いのうえひとみ です。

 

 

春分の日も過ぎ、

いよいよ、新しい時代に突入ですね。

満月から春分の日と、

大きな流れが、やってきました。

スッキリされた方も

多いのではないでしょうか。

 

そんな連休明けの今日。

なんと、東京は、

雪が降っています!

桜の開花宣言も出たのに。

まぁ、時々あることですが。

三寒四温というか、

冬と夏を行ったり来たりしながら、

春が進んでいくのですね。

 

気温の変化が激しいと、

身体にも変調がやってくるようです。

気をつけて参りましょう!

 

さて。

去年の今頃、

どんな気持ちで、何をしていましたか?

たまに、思い返すと、

自分の成長?に

驚くことがあります。

へぇ・・。

そんなことで、悩んでいたのね。

と、今なら笑うこともできます。

 

でも、その時は、

不安や恐れ・・。

さまざまなことで、思い煩っていたのに。

今となると、

大したことなかったり、

それなりに、苦労したけれど、

今となっては、良い経験だったと思えたりするものです。

 

1年後の自分を想像してみて、

その自分から、答えをもらうという手法も、

なかなかオススメです。

結果を先に作ってしまうのです。

結果がわかっていれば、

今を楽しむことができます。

サッカーの試合結果がわからずにみていたら、

ドキドキハラハラしますが、

これは、勝つ試合と分かった上で、

録画を見ると、

選手の意外なプレーに気づいたり、

今、この時間を楽しむことが出来るものです。

・・・もちろんそれでは、つまらない面もありますが・・・

 

不安や恐れは、

外側からの思い込みであることが多いです。

冷静に、淡々と、

今の状況を俯瞰で見ると、

なんとかなりそう!と思えるものです。

 

それは、自分の人生のハンドルを、

他人に委ねているからなのですね。

親が、世間が、家族が、上司が、友人が・・・・。

と、他人の声ばかりに、

耳を傾けていては、

自分の声が聞き取りにくくなります。

自分の声を丁寧に拾って行きましょう。

 

自分が、一番自分の声を聞かなくてはいけないのに、

意外と聞いていないものです。

わかりやすい例でいうと。

服を買うのに、

彼氏の好みや、好きな人の好みを優先して、

自分が何を着たいのか?わからなくなることって、

意外と多いのです。

何が好きで、何が嫌いか?

何がしたくて、

何はやりたくないのか?

 

自分のいく道のハンドルは、

自分で握りましょう。

目的地も、

寄り道するお店も、

人それぞれ異なります。

同じ道を行く人は、いません。

誰もが、世界でたった一人の

スペシャルな人だからです。

 

スピードも、車の形だって違います。

人と同じなんて、気持ち悪いじゃないですか!

 

だから、人と比べるなんて、

本当にエネルギーの無駄使いです。

 

自分の車を磨いて、

気持ちよくハンドルを握ることに

専念していたら、

忙しくて、

よそ見なんて出来ません!

 

さぁ。

どこへ行きたいですか?

 

この雪と、電力の消費が心配ですが、

穏やかな1日となりますように・・。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP