芽を出すこと・・・  畑だより

おはようございます。

 

 

5月31日(金)

ムーン姉さんこと

sistermoon  いのうえひとみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日で5月も終わりですね。

本当に忙しい1ヶ月でした。

体も、心も、時空もあちこちに、

大きく動いていました。

自分を見失いそうになった時もありました。

でも、一つとても救われたことが、

畑でした。

 

足を運ぶことが肥料。

そうは聞いていても、

どこまで出来るのか?

自信はありませんでした。

 

朝、目が醒めると、

自然と気持ちが畑へ向きます。

気になる時は、夕方も行きます。

行って帰って、ほんの数十分。

朝の新鮮な空気。

日の出。

綺麗な夕焼け。

土、花、雨、風・・・。

様々な匂いが、心地よいのです。

 

私の畑は、とても自由なので、

(ということに・・・)

植えてない所から、芽が出てきたり。

諦めた頃、違う所から、育っている姿を発見したり!

一方では、暑さのせいか、

病気になってしまって枯れてしまったものも。

 

ご近所の方には、

初心者ということで、

「あらぁ、出来てる!出来てる!」と褒められたり。

「楽しんでやろうね」

そう言われて、本当に納得。

 

そんな時、

東城百合子さんの本を以前買った事を思い出しました。

その時は、軽く読んだだけでしたが、

再読すると、役立つことばかりで、

もはや、バイブル!

 

自然の流れの中に、

身を置くことが、

とても気持ちがいいということ。

 

畑に行き、

一つ一つの作物たちや、

たくさんの、小さな小さな生き物たちと、

会話をしている時間が、

とても愛おしいのです。

 

始める前まで、

抱えていた様々な不安は、

もう無くなりました。

 

私の畑では、

好きなところに、

好きなタイミングで、

芽を出します。

合うものは育ち、

合わないものは枯れていき、

土に還っていく。

 

育てることで、

その過程や、市場に出す農家の方々の

苦労も、いくらか感じられるようになりました。

 

でも、意外に、こんなに無知でいい加減な私でも、

なんとか、実になるものが、

出来るということが、

一番の驚きです。

 

自分で育てたものは、

形が悪くても、

味がイマイチでも、

可愛くて、愛おしいのです。

 

そのままでも美味しいし、

飽きないように、

レシピを探してみたりしています。

・・・本当にたくさん出来ちゃうのです・・・

 

自然のサイクルの中で

慈しみながら、

愛されて、育ち、

巡り巡って、

命を終えていく。

 

 

 

生きることって、

すごくシンプルなのに、

難しくしているなぁ、と思います。

 

 

 

お読みくださり、

ありがとうございました。

 

******************

 

 

お問い合わせは、HPから。

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

* 青梅のサロン

ご希望の日にちを第3希望まで書いて、お送りください。

sistermoon1111@@gmail.com   @一つ取ってくださいませ。

13:00から17:00

 

マーマーマガジンをご覧になりたい方も、

お気軽にご連絡ください。

 

 

一日、お一人様のゆっくりとした時間で、

お話を聞かせていただきます。

安心した空間ですので、ぜひお試しください。

ご連絡いただいた方に、場所をお知らせいたします。

 

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

*満月と新月に

インナーチャイルドカードで、

半月のリーディングをしています。

Facebook、インスタグラム、Twitterで、見られますので。

宜しかったらご覧下さい。

 

**********

 

facebook

instagram

twitter

 

フォローよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP