送り火

いよいよ、夏も終わるのですね。

昨夜は各地で送り火が行われました。

有名な京都の五山の送り火も無事に出来たようで、良かったです。

それにしても、雨がすごかったようです。

見た事も無いような賀茂川の様子など、ハラハラいたしました。

でも、大文字の送り火が終わると夏も終わるような気がします。

 

昨年、父と母はこの送り火を一挙に全て見える場所へ行きました。

(なかなか全部が見えないのです)

何でも、用意周到な母らしく思えてしかたないのですが・・・。

下見をしていたのでしょうか(笑)

 

今年は送られる側で、どのように思っていたのでしょう。

知人が、宮津の灯籠流しに母の灯籠を流してくれました。

海に流れて行く灯籠は、本当にあちら側に帰って行くようだとか。

一度、行ってみたいと思いました。

 

こうやって、自分の気持ちに区切りを付け、

旅立つ人を敬い、慈しむ行事は日本ならではです。

大切にしたいと思いました。

 

今朝は、一気に空気も変わったようです。

逝く夏を惜しむ日になりそうです。

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP