過去も現在もフィクションも

おはようございます。

 

1月6日(土)

 

毎日を愛と喜びで満たす
sistermoon   いのうえひとみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、昨日の続きです。 昨日のブログ → 

そして、もう1つのミッション。

 

 

*ロケ地を巡る

 

もう6年程前のドラマで

『最後から2番目の恋』というドラマが有りました。

その時も見ていたのですが、

何故か、最近NETFLIX で、見始めたら、ハマってしまいました。

鎌倉でのロケが多く、

なんだか行ってみたくなったのです。

写真の神社は、主人公達の住む家の近くの神社。

6年前なのに、そのままで感動しました。

 

ドラマの主人公は50歳前後の男女。

様々な日常が、共感することも多く、

大人になるってこういうことかな、と思いながら、

見入っていました。

登場人物も色鮮やかな感じがしました。

まぁ、思いっきり投影です!

 

今回は、良く出て来る駅とか、

海岸とか、歩いて回ってみました。

とても気持ち良く、

あの世界に入った様な感覚がするのです。

いやぁ、楽しかったです。

 

昨日の話にも通じるのですが、

小さい頃から、

過去にこんなことが有った。という場所に行くと、

すごくウキウキするのです。

歴史と、その場所で大切に生きる現在とが、

交錯する様な、ワクワク感にドキドキしたのです。

特に、京都はそんな場所が沢山有り過ぎて、

あちこち行くことが楽しかったのだと思います。

 

一番衝撃だったのは、

小6の頃、新撰組の話を読み、

多摩地区出身の近藤勇たちの活躍に引き込まれて行ったのです。

その本の中に、京都の祖父の家の前に在るお寺の名前が有りました。

いつも遊んでいたり、蝉を捕ったり、大きな庭の様なお寺。

そのお寺に、幕末期に会津藩の守護職が置かれていて、

ここには、新撰組の人たちも良く通っていたとのこと。

すぐに、新撰組の方々が闊歩する様子を想像したりしました!

この時のドキドキ。

過去の思いが引き継がれて、

今、自分がこの場所に立っていること。

・・・まぁ当たり前なのですが・・・

そこに、ロマンを感じたのですね。

こんな小さいことが理由で、

その後、歴史が大好きになるのです。

 

今回ロケ地を訪れてみて、

歴史上のことであっても、

ドラマというフィクションであっても、

そのストーリーの舞台であることは変わりなく、

その世界観が好きであれば、

その場の立つことでの高揚感は

言うに言えない感覚だ、と思うことがわかりました。

 

昨日、今日のブログ。

いつもとテイストが違いますが、

どうしても書いておきたかったのです。

過去の自分も一緒に旅する様な。

そして、もっと、もっと過去からのエネルギーも

感じながらの旅でした。

何かに行かされて、歩かされた様な旅となりました。

有り得ないくらい、スムースで、

サクサクのミッション完了でした。

 

皆さんにも、

衝動的に、動かされることが出てくると思います。

あまり、深く考えずに、

感じるままに行動しましょう。

きっと、言葉にできないけれど、

なにかステキなことを体験出来ると思います。

 

では、ステキな3連休を。

 

 

今日も、必要な方に。

 

*カウンセリングもコチラから → 

*2018年の流れを読むリーディング

メールでお受けしています。 コチラまで → 

 

今日のカードリーディング : 日本の神託カード :神々の使者鹿

繊細な心を大切にしましょう。

感覚を研ぎすますときです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はいつもより

be slowly 🐢

いつもの自分が

少し先で待っている🌱

 

 

 

sistermoon  のサイトはコチラ  

 

 

facebook   

instagram

twitter

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP