ありがとうって言えるか。

台風のおかげで、家にいる時間が出来たので、

ハロウィンの飾りを出してみました。

私がホームステイした30年前。

アメリカのどの家にも仮装グッズが沢山有って、

大人も子供も喜んでいる姿を見て

羨ましく思いましたが、最近の日本のハロウィンも盛り上がってますね。

 

今日は十三夜。台風が去って綺麗にお月様が見えるといいのですが。

(十五夜とともに美しい月とされています)

月や花、森羅万象に敬意を表する日本人ならではの風習が沢山残っています。

いつも ありがとう、と感謝する心は素晴しいですよね。

 

でも、苦手な人、嫌いな人にも言えるでしょうか?

誰でも、嫌いな人・・・いると思います。

なかには、そんな自分を責めて 好きな所を探したり、

無理矢理、いい人だと思ったりするかもしれません。

 

いいんです。嫌いなままで。

無理に好きになる必要もありません。

「ああ、私こういう人が嫌いなんだな」  と観察するだけです。

そして、必要以上に気にしない事です。

嫌いな人がいる自分を許して上げましょう。

 

にきび、みたいなもんです。

気にして触ると大きくなって、すごく気になります。

これさへ無かったらハッピーなのに、と思います。

でも、忙しくしている間に治ってしまうと、

有った事さへ忘れてしまいます。

 

そうは言っても、人間関係は難しいです。

長い間嫌いな人との関係は、自分が変わろうとしても、また苦しくなります。

私は修行と思ってゆっくりゆっくり取り組みます。

人は此方の好きな様に変わらないので、自分の事に集中します。

 

すると、ある時、心から「ありがとう」と、言える時が来ます。

あんなに、モヤモヤして、許せなくて、嫌いだったのに・・・。

なんで怒っていたのか? と思うほど 痛くも痒くもなくなっているのです。

 

嫌いな人がいたら、気にしない事です。

そこに注ぐエネルギーを外の事に使いましょう。

そして、何のわだかまりも無く、ありがとうって言えたとき、

一つ修行が終わったのだと思います。

 

そのうち、誰も彼も 何とも思わなくなって、

みんなにありがとう!って言いたくなります。

 

 

 

securedownload

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP