人間らしい生活

夏休みを取られている方も多いと思います。

私も、まとまって休めるのは久しぶりなのでのんびりしています。

 

先日、ある山間部にすんでいる方のインタビューで、

「ここは人間のすむ所」 という言葉にハッとしました。

そこは、過疎が進む地域で夏も冬も厳しい気候なのです。

 

この休みに気付いたことがいくつか有りますが、

休みだと料理をゆっくりたくさん作るのです。

いつもは、忙しいといい訳ばかりでした。

改めて考えると、仕事の日は効率ばかり考えて、

面倒な事はしないので、食べやすいメニューになってしまいます。

それは、栄養も偏るし、噛まなくても食べやすかったり、

生き物に感謝しない形の料理(加工品)が多くなりがちです。

やはり、時間をかけて作ると、出汁も丁寧にとったり、

下ごしらえも必要なものが多く、手間ですが楽しく出来ます。

メニューを見てみると、素材に感謝したり、歯ごたえを感じたりします。

食べる時間もあるせいか、本当に食べる事を味わいました。

 

仕事の日もこう有りたいのですが、なかなか難しいです。

でも、忙しい事を言い訳にしていることにも気付きました。

特に、最近一人での夕食が多く、テキトーに済ます事が多かったのです。

私の好きなエッセイストの松浦弥太郎さんも、

一人の時にこそ、丁寧な食事を・・・と書かれていました。

 

一方では、素材や産地に拘っているのに・・・

なんと本末転倒でしょう!!

本当にしたいこと。  それを忙しい日々はかき消してしまいます。

出来ない自分に、たくさんの言い訳をくっつけて納得させていますが、

心思いと行動が同じであれば、ストレスも溜まらないのに、と

改めて気付いたのでした。

 

やはり満月が近づくと、生き物として本来の思いが湧いてくるようですよ。

食に限らず、人間らしくないな、と思う事が多い昨今。

人間らしい生活。心がけたいです。

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP