あたりまえのこと

securedownload明日50代半ばの誕生日を迎えるYさん。

先月末に、ご自宅での生活に限界があり、入所されました。

ギリギリまで、私たちのデイサービスに来て頂いていたのですが、

今日、面会にいってプレゼントをお渡ししてきました。

 

でも、思ったより制限があるのです。

面会の時間、持っていけるもの、施設の中で会える場所・・・。

施設では、それは当たり前。

でも、在宅介護中心で仕事をしてきたので、

少し窮屈に感じました。

 

会ってみると・・・

どう?               自由が無い

何がしたい?            外へ行きたい

窓からの眺めがいいんじゃない?   木ばっかり

 

そうだよね。当たり前のことを聞いているな。

健康な人がしている当たり前のことが出来ないんだものね。

でも、少しでも、そんな望みを叶えてくれる人がいるといいな、と切に思いました。

 

どうやって、この人生を卒業して行くのか。

最後は一人じゃなく、寂しくなく、穏やかにその時を迎えられる、

そんなお手伝いを、いつかやってみたいと、改めて思いました。

 

今度は、「嵐」の載っている本を差し入れにしようかな。

待っててね!

 

これが、良いことなのか、悪いことなのか、わからないけど、

いろんな立場意見があるとおもいますが・・・

ハートがそうしたいと言っているので、

きっと、そうすると思います。

 

帰り道、台風の雨の中、ハンドルを強く強く握りました。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP