懐かしさに触れる

青梅を流れる多摩川をずっと下って、稲城市の「いな暮らし」inagurashi.com   さんへ行ってきました。

・・・あっ、電車で行きました・・・

ずっと行きたくて、下半期の目標にしていたほど!

マーマーのフェスでお会いして、益々行きたくなっておりました。

のんびりと、ゆったりと、懐かしい・・・。

萌ちゃんの思いが詰まった場所でした。

(萌ちゃんに繋いでくれたわかちゃんに感謝です!)

 

そして、今日は思い出をたどるような懐かしい一日となりました。

 

南武線は最近はご縁がありませんが、小2まで府中本町に住んでいました。

当時駅前は何にも無くて、車も来ないので自転車の練習をしたのですよ。

 

矢野口から多摩川沿いを歩くと、グランドから野球でもサッカーでもない

スポーツの声がしてきました。絶対だ!  土手を上がって見に行くと・・・

やっぱり、、、ラグビーでした。学生の頃、当時はサッカーよりもラグビーが人気があり、

女子の多くは、国立や秩父宮に通っていた時代がありました。

そして、長男が高校生の時ラグビー部に入り又グラウンドに通う日が続きました。

楽しかったのですが、FWでしたので、怪我をしないかヒヤヒヤしていました。

今も昔も変わらず好きなのが、試合前に気合いを入れる姿です。

その学校独自のやり方があり、自らを鼓舞する言葉にウルウルしていました。

 

そういえば、今 ニュージーランドのオールブラックスが来日中ですね。

彼らの試合前に踊る、マオリ族のhakaという踊りは見た事がありますか?

これは、ただ好きというより、魂が震える様に胸の奥が熱くなり、涙が出てくるのです。

昔々、これを踊っていたのか、関わっていたのか。。。

そう思ってしまう位、心が揺さぶられます。

私には幾つかそういうものがあります。

初めて見ても、どこかで知っている、懐かしいような感覚がすると思います。

 

そういう感覚、懐かしさを大事にするのは、とてもいいと思います。

いつか、訪ねるも良し、その事を調べるも良し。

きっと、心が落ち着くでしょう。

そういうことが、全くないわ! と言う方。

是非、外へ出てみましょう。ご自分のアンテナの感度を良くしましょう。

懐かしさに触れ、心が動くと、魂も揺さぶられるでしょう!

 

 

 

 

 

securedownload

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP