好きな人の事をもっと好きになる

おはようございます。

Life of card therapist   カードのある生活をお伝えする いのうえひとみです。

4月10日 (月)

二十四節気 清明 七十二候 鴻雁北へかえる(がんきたへかえる)

今日のカード :  The herbal tarot   : 2 ワンド

そろそろお休みの、旅行計画を立ててみましょう。

具体的に妄想してワクワク!!

securedownload

 

 

 

 

 

 

 

 

 

securedownload

 

 

 

 

 

 

 

今日は、久しぶりに青空が見られそうです。

やはり、気持ちのよい朝になりました。

 

 

昨日は、村上春樹のファンの方達で集まって、

ランチを食べながら語り合う会に参加しました。

こういう会に参加する事は、初めてでした。

村上春樹のファンという事は

オープンにして来ましたけれど、

何処が好きとか、そう言う事を話す事は初めてでした。

 

写真にあるランチは、

マクロビオティックのお料理をされている、

みどりさんが作ってくれました。

 

村上春樹が

「創作は、一人カキフライに似ている」

と、一人で大好きなカキフライを作るようなもの、と言った事から、

ベジでカキフライを作って下さいました。

これが、本当に、材料は聞いていたのに牡蠣にしか思えない!!!

素晴しい美味しさでした!

 

そして、『1Q84』の主人公の名前が青豆。

ということで、青豆ごはん。

主催者のYちゃんは苦手な青豆もクリアしていました。

新鮮な食材は、本当の美味しさですね。

 

みどりさん、Yちゃん、ありがとうございました。

 

話は、尽きる事なく長居をしてしまったのです。

みんな其々に、世代も違うのですが、

村上春樹に出会う年齢は同じ頃。

18、9の多感な頃に、この世界観に出会うことになっているのですね。

 

人生の扉を開いてくれたり、

そのままで良いんだと、言われているようであったり、

恋しい人を思う様に、

ハルキの世界観に出てくる「僕」に恋してみたり。

 

それぞれの人生に

長く、大きく、深く関わっている事。

それが私だけではなく、ファンの人にはそういうものなのだと、

改めて感じたのでした。

 

どんな批判があっても、

自分の立ち場や思想や、考え方を曲げる事は無く、

いつも同じ所から見ていて、

そこに共感するファンとは、

「地下で繫がっている」と言ってくれている。

 

作家と読者が、実際会ってもいないのに、

「繫がっている」と感じる作品って、

他にいないんじゃないかなぁと、

またまた惚れ直すと言うか、リスペクトすると言うか・・・。

そんな愛に包まれた時間でした。

 

好きな人の事を、大きな声で好きと言う。

好きな事をやりたいと、宣言してみる。

好きな事をやるときは、誰が邪魔してもやるよ!

そんなにたくさんの好きを持っている自分って、

大好きだなぁ。

 

終わってみて、セルフラブに気付く時間の様な気がしました。

 

皆さんも、好きな事を思い切り語れる場所を

作ると良いかもしれません。

 

誰かが、やってくれないかな?ではなく、

やってみましょうか?好きなこと・・・。

 

では、今週もステキな一週間に!

 

***********************

新しい、メニューです。

スタートダッシュ・サポート・リーディング

3ヶ月間、御一緒しましょう。

あなたを全力で、サポートします。

ご相談メールは何回でもOKです。

新生活に戸惑ったり、不安だったり・・・。

そんな方是非!

***************************

お問い合わせ

http://sistermoon11.com

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP