ただの紙切れと金属

おはようございます。

 

2月22日(金)

ムーン姉さんこと

sistermoon  いのうえひとみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道で地震がありました。

被害が少ないことを祈っております。

夜の地震は、怖く感じることも多いでしょうね。

まだまだ寒い時期。

早く、穏やかに過ごせますように、

祈っております。

 

 

さて、今日はこの「お金のいらない国」

という本について書いてみたいと思います。

 

薄くて、すぐに読める本です。

どこの国のお話か、不思議な国。

この国には、お金というものがないのです。

 

この国に、迷い込んだ一人の男性。

お金を見せても、

「ただの紙切れと金属」と言われる始末。

でも、その国には、

欲しいものはなんでも手に入り、

必要なものは、なんでも揃うのです。

 

えー!

じゃぁ、ひどい犯罪だらけになるんじゃないの?

悪いこと考える人が出てくるんじゃやないの?

 

と思いますよね。

でも起こらないのです。

(まぁ、お話なのだけれど)

 

お金がないと生きていけない。

そう思って生きてきました。

お金がないと回っていかない社会。

そこで起きる、競争、苦しみ、犠牲、環境破壊。

大切だとされる財産、地位、名誉・・・。

これらが、そんなに大事なもの?と

気づくことができます。

ではこの不思議な国には、何があるのか?というと、

信頼があるのです。

 

このような国になれば、幸せだなぁと思いますが、

すぐになるのは、難しいでしょう。

でも、ずーっと先になるかもしれませんが、

こうやって生きていければ、

楽しいだろうなぁと思ったのです。

 

また、脱都市生活をして、

自然に還るコミュニティーで生活している人たちは、

もしかしたら、お金に振り回されない生活を

始めていらっしゃるかもしれませんね。

長野の友達の、家に行ったことを、

思い出しました。

その暮らしは、とても豊かで、

クリエイティブでした。

 

この本が書かれたのは、

1993年なのです。

20年以上経って、

ますますお金重視で動いている社会。

この本を読むと、

より人間らしい、暖かい社会は、

どのようなものなのか。

改めて考えさせられ、

とても、大きな衝撃を受けたのです。

 

これからは5次元で生きよう!と言われていますが、

これって、5次元の世界の話なのかなぁ、

と思いました。

それには、何が大切で、

どこに視点を持っていけばいいのか、

わかったような気がしました。

 

5次元の感覚が、イメージできないという方には、

わかりやすいものかもしれません。

 

あっ、でも3次元で生活してるので、

お金大好きですよ!

 

 

今日も素敵な1日に。

 

 

お読みくださり、

ありがとうございました。

 

******************

3月10日(日)に、

いな暮らしさんで、

はちみつ市に出店します。

ぜひいらしてくださぁーい。

お待ちしています。

 

お問い合わせは、HPから。

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

* あきる野のサロン

毎週火曜日。

13:00〜

一日、お一人様のゆっくりとした時間で、

お話を聞かせていただきます。

安心した空間ですので、ぜひお試しください。

ご連絡いただいた方に、場所をお知らせいたします。

 

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

*満月と新月に

インナーチャイルドカードで、

半月のリーディングをしています。

Facebook、インスタグラム、Twitterで、見られますので。

宜しかったらご覧下さい。

 

**********

 

facebook

instagram

twitter

 

フォローよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP