もっとオープンに

おはようございます。

 

 

9月24日(火)

ムーン姉さんこと

sistermoon  いのうえひとみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

私の敬愛する、服部みれいさんの新しい著書

『わたしと霊性』が発売されました。

 

「今まで書いてきたものと、違う・・・」

とお話しされていました。

文体も、みれいさん特有の

軽い、明るい

文体ではなく、

静かなにメッセージを真っ直ぐに

伝えたいという思いを感じました。

 

届いてから、軽く読み進めたのですが、

これは、一字一句無駄には出来ない、そう感じました。

みれいさんの覚悟の本なのかな、

とも思いました。

(あくまでわたしの感想ですが)

 

ぜひ、多くの方に読んでいただきたいと思い、

今日のブログにしました。

 

大きなテーマは霊性。

霊。という言葉に、

なんとなく恐ろしさとか、如何わしさを

感じる方も多いと思います。

誰でも霊性の中で生きているのですが、

そのことに、目を向けない様にしている人も

多いと思います。

 

このことを、様々なテーマによって、

みれいさんの視点で書かれています。

 

平和で豊かに生きている様に見えていても、

本当の意味で豊かに生きられない人や

心に何かしら闇を抱えている方も多いです。

 

では、私は、何を感じたのか?

私は、小さい時から仏像が大好きで、

京都の祖父母の家に行き、

お寺に行くことを楽しみしていました。

でも、そんな友人たちはいなく、

少しずつ、周りの人と違うことを自覚します。

 

その後も色々あるのですが・・・。

 

今は、カードリーディングをしています。

このことを、少し公言できないところがあった。

・・・ということに、この本を読んで気付きました。

 

怪しいって思われたら?

ちゃんとした仕事ではない?

 

そんな、数ミリの迷いが、

あぶり出される様に湧いてきました。

 

「目に見えないものがもたらす豊かさとは」

と帯文にある様に。

目に見えないものに、

どれだけ助けられてきたか!

どれだけ信じて呼びかけてきたか!

 

オープンにしてきたつもりでしたが、

まだまだ我慢や遠慮してきたことが

あると思いました。

 

きっとこの本は、

誰でも持っているその人それぞれの霊性に向けて、

呼びかけるものだと思うのです。

 

変化の時代。

もっともっと、解放していって、

本当の自分を思い出し、

このテーマパークの様な地球を

もっと、もっと、楽しんで生きていこう!

と思いましたよ。

 

さて。

少しですが、「わたしと霊性」を仕入れております。

今回は、ホオポノポノ・カードで、

リーディングいたします。

メール、メッセージなどで、

思いついた方法で

お申込みくださいませ。

¥1500+税+送料 のみとなります。

 

 

 

 

お読みくださりありがとうございました。

 

 

*メッセージかメールでお申し込みください。

*****宇宙料金 リーディング*****

1、 まず、聞いてみたいことを思ってみる

2、 宇宙タイミングで、申し込む

3、 ご相談にあったカードでリーディングします。

宇宙タイミングでお送りします。

4、 振込先をお伝えします。

5、 好きな時に、好きな金額をお振り込みください。

 

こんな感じで、始めてみます。

宇宙料金のリーディング

ぜひ楽しんでみてくださいね。

お待ちしています。

 

******************

 

 

お問い合わせは、HPから。

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

* 青梅のサロン

ご希望の日にちを第3希望まで書いて、お送りください。

sistermoon1111@@gmail.com   @一つ取ってくださいませ。

13:00から17:00

 

マーマーマガジンをご覧になりたい方も、

お気軽にご連絡ください。

 

 

一日、お一人様のゆっくりとした時間で、

お話を聞かせていただきます。

安心した空間ですので、ぜひお試しください。

ご連絡いただいた方に、場所をお知らせいたします。

 

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

*満月と新月に

インナーチャイルドカードで、

半月のリーディングをしています。

Facebook、インスタグラム、Twitterで、見られますので。

宜しかったらご覧下さい。

 

**********

 

facebook

instagram

twitter

 

フォローよろしくお願いします。

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP