小説で出来ている

securedownload青梅の吹上 菖蒲園のしょうぶです。

この時期は、夏の初めにふさわしい花々が咲きます。

わりと、好きな時期だなぁ、と改めて思います。

 

最近は、新聞を購読する方も減っているようですね。

本も新聞も紙の手触りや、匂いが好きで、

やはり、ここは、アナログになっています。

それでも、広告ばかりの夕刊を止めようかな、

と思っていた所、朝日新聞で吉本ばななさんの、

『ふなふな船橋』が始まりました。

というわけで、夕刊を毎日楽しみに待つこの頃です(笑)

 

夕刊の小説だと、吉田修一さんの『悪人』が大好きでした。

若い時から、言葉にグッとくる小説が好きなので、

好きな文章を、ノートに書いたり、付箋を貼ったりしながら、

読み進めるのが好きです。

うちの家族は好きな映画を何度も見るのですが、

私は好きな本は、何度も読みます。

村上春樹さんは、「ヘー、どんな人?」 と聞かれる位から、

手にしていて、シュールで、ドライな表現が大好きです。

一番、付箋を貼った作家さんかもしれません。

 

今週の「ふなふな船橋」は、すごく素敵な展開で、目が離せないのです!

その中で、

・・・悪いことの半分は、いいことで出来ている。

・・・見つけることができるかだけだ。

という言葉が、その日の私にフィットしました。

 

逆もさもありなん。

いいことも悪いことを含んでいるんじゃないかと。

良いことばかり起こる様に、願ったりするけれど、

その中には、辛いことや我慢もあったり。

悪いことが起こると、酷く落ち込んだりするけれど、

けっこう、良いことが隠れていたりするものです。

 

そんな言葉にワクワクしている自分を見ていると、

私は小説で出来ている!と思ったのでした。

朝から、夕刊が待ち遠しいです。

 

ルノルマンカード、好評いただいています!

新しいメニューです

イベントのお問い合わせ・カードリーディングのお申し込みはこちら       https://sistermoon11.com/cardleading/

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP