きっかけを与えてくれた祖母

おはようございます。

 

 

2月7日(金)

 

 

ムーン姉さんこと

sistermoon  いのうえひとみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、ふと思い出して、

祖母が作ってくれたお雛様を飾りました。

全部手作りです。

折り紙や、色々な材料を工夫して、作られています。

かれこれ45年は経つでしょうか・・・。

 

手先がとても器用な人で、

細かいことが大好きで、

なんでも工夫して作っていました。

紙人形を、近所の方に教えていました。

明治生まれで、波乱万丈な人生を送りました。

すごく厳しい人でした。

その一方で優しく温かい面もありました。

 

母との折り合いは、いい方ではなく、

嫁姑問題は、それなりにありました。

 

朝も早く起きて、

身支度をして

部屋の掃除をして・・・。

いつもきちんとしている、

丸い背中を思い出しました。

 

93歳で天寿をまっとうするのですが、

亡くなる前の数ヶ月。

日増しに壊れていきました。

 

母から泣きながら電話があって、

飛んでいくと、

綺麗好きな祖母が、

髪を振り乱して、引き出しを全部出して、

ハサミを探していました。

何かを作ろうとしたのかしら。

ここにあると言っても、

ハサミを探していました。

私が、遊びに来ると言ってたのに、来ない。

とも言っていて。

そんな約束してないけれど、

もっと、会いに行ってあげたらよかったなぁ、と。

ただ呆然とするばかりでした。

 

アルツハイマーだったと思います。

その頃は、今のように認知症とも言われていない時代でした。

その後、施設に入り、お風呂場で倒れ1週間寝込んで、

最後は穏やかに息を引き取りました。

60年前に亡くなった祖父の命日に。

同じ日に、逝きたかったのかな。

時間が経っても、愛してたんだね。

 

 

その時に、老いることの葛藤を、まざまざと

見せつけられました。

 

その頃、介護保険制度が始まり、

ヘルパーという資格が生まれました。

家族だけでなく、知識のある人に

見てもらうことを躊躇ってはいけない。

祖母とのことが、

介護の仕事を始める、

きっかけとなりました。

 

お雛様を見てみると、

本当に丁寧に作られていて、

仕舞う為の箱も、きちんとサイズが決まっていて、

驚くばかりです。

 

初孫であった、私の為だったのかと思うと、

たくさんの愛をもらっていたことに、

改めて気づきました。

今更ですが、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今頃、結婚生活の短かった祖父と仲良くしているかしら。

幼くして亡くした息子たちとも、出会っているかしら。

末っ子の父は、まだまだこちらで、頑張っておりますので。

そして、母と喧嘩してないといいなぁ。

そんなことを、思いました。

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

 

 

*介護あれこれリーディング

*3ヶ月リーディング

お気軽にお申し込みください。

お申し込みは、コチラから → 

 

 

 

 

*****宇宙料金 リーディング*****

1、 まず、聞いてみたいことを思ってみる

2、 宇宙タイミングで、申し込む

3、 ご相談にあったカードでリーディングします。

宇宙タイミングでお送りします。

4、 振込先をお伝えします。

5、 好きな時に、好きな金額をお振り込みください。

 

こんな感じで、始めてみます。

宇宙料金のリーディング

ぜひ楽しんでみてくださいね。

お待ちしています。

 

******************

 

 

お問い合わせは、HPから。

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

* 青梅のサロン

ご希望の日にちを第3希望まで書いて、お送りください。

sistermoon1111@@gmail.com   @一つ取ってくださいませ。

13:00から17:00

 

マーマーマガジンをご覧になりたい方も、

お気軽にご連絡ください。

 

 

一日、お一人様のゆっくりとした時間で、

お話を聞かせていただきます。

安心した空間ですので、ぜひお試しください。

ご連絡いただいた方に、場所をお知らせいたします。

 

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

*満月と新月に

インナーチャイルドカードで、

半月のリーディングをしています。

Facebook、インスタグラム、Twitterで、見られますので。

宜しかったらご覧下さい。

 

**********

 

facebook

instagram

twitter

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP