この所、良く耳にする歌があります。

多くの方がご存知かと思いますが紹介しますね。

 

 

 

これは、大切な人に出会っていく歌なのですが、

聞いているうちに、一人に限った事ではないように思えて来ました。

 

この世で、必ず出会うと約束して生まれて来た人がいるとしたら、

それは、一人ではない様に思えたからです。

自分の周囲の人たちを見ていても、

誰一人欠けては、今の自分ではない。

誰一人欠けない状態で、完璧なのだ!と思えたのです。

嫌いな人も、困った人も、大好きな人も、忘れられない人も・・・

全て大切な糸であって、それが複雑にその時代で大きなタペストリーを

作っていく様に思うのです。

 

”自分” という糸も、その時に寄って、太いときもあれば、細いときも。

ガサガサしたり、キラキラしたりしているのではないでしょうか。

今、上手く言ってなくても、全体的に見たら、

その箇所は、味のある良い模様になっているかもしれませんね。

 

今日という日は、終わり流れていくのだけど、

何となくダメ出しをしたくなる日も、

そんなに悪くないんじゃないかな、と

桜井さんの声を聞いて思いました。

 

もちろん、大切な人と出会っている方は、

大切な愛の歌として、心に留めて下さいね。

 

自分のタペストリーは、どんな模様でしょうね。

私は争いや憎しみの無い、愛のある織物であって欲しいです。

 

 

 

 

 

ルノルマンカード、好評いただいています!

新しいメニューです

イベントのお問い合わせ・カードリーディングのお申し込みはこちら       https://sistermoon11.com/cardleading/

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP