京都・大阪の夏

関西出身の両親の元で育ち、

関西出身のパートナーと暮らしているので、

子供達は少し関西人の自覚もあるようで(笑)

息子は春からの大阪生活も、違和感無く過ごしているようです。

私にとって、夏休みは京都の思い出と共にあります。

 

物心ついてから、暑い京都に行く事が、最大の楽しみでありました。

また、父方の菩提寺が大阪城のすぐ近くにあり、

そこへもよく行きました。

そのお寺さんは、由緒あるお寺だそうで、

大阪城の城下町の下屋敷として、重要な役割を担っていたとの事。

少し前までは、お墓がそのお寺さんにあると言うと、

縁談が上手くまとまったのだとか!

・・・・・もっと、早く教えて欲しかった(笑)

でも、そのお寺、大阪大空襲でほとんど焼けてしまったのです。

奇跡的にうちのお墓は残っていたのですが・・・。

 

京都も、大阪も、長い歴史の上に築き上げた街です。

日本史が大好きな、今でいう歴女だった私は、

あちこちに普通にある遺跡の数々に興奮していました。

この辺りに、秀吉や千利休も通っていたのだ、とか。

近藤勇はこの山門を何度もくぐっただろう、とか。

祇園祭にいたっては、863年に始まり、応仁の乱では33年も中断したという、

壮大な歴史がある訳です。

 

そんな様々な苦労や悲劇をサラッと語って、

伝統を守る姿勢って、すごい事だなと思います。

 

関西からの頂き物 お菓子や塩昆布を見ながら、

子供の頃を思い出していました。

 

イベントのお問い合わせ・カードリーディングのお申し込みはこちら       https://sistermoon11.com/cardleading/

*8月に、稲城のいな暮らしさんで、冷えとりのイベントを企画中です。

 カードリーディングで参加いたします。

 

 

 

securedownload

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP