おはようございます。

 

3月14日(木)

ムーン姉さんこと

sistermoon  いのうえひとみです。

 

3月は、私にとって、特別な月なので、

少し熱い記事が続くかと思います。

 

今日は、遺された人たち、について。

書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、和牛のほほ肉のシチューです。

父のお勧めで、地元のイタリアン?レストランに

ランチに行ってきました。

私と父が会う時は、

なるべく外へ連れ出すようにしていて、

食事を一人で食べるのは、寂しいと思うし、

いろいろなことがわかるので、

ランチをとることが多いです。

 

食べる量、

食べる仕草、

諸々の変化に気づく、

良い機会だと思っています。

 

5年前。

家事は全て母に任せていて、

何もしなかった父。

 

親戚からは、

「お父さんを大切にね」と、何度も言われました。

 

企業戦士で、亭主関白。

「向田邦子の小説のお父さん」みたいな父。

高校生まで、敬語で話していました。

何かお願いがある時は、

プレゼンのように、

紙にまとめ、面談していました。

 

そんな頑固な父を支えていた母が、

いなくなったのですから、

どうなることかと、周りも思ったはずです。

 

まず、孫たちの提案で、

すぐにLINEのグループを作り、

毎日、連絡出来るようにしました。

 

夕食だけ、お弁当の宅配を頼みました。

月曜から金曜の夕食は、安心です。

最初の頃は、私たちが、買い物をしていましたが、

今は、ネットスーパーと生協の宅配で、

ほぼほぼ賄えています。

 

父は、インターネットなどの環境に

すでに慣れていることも大きかったです。

 

また、生きがいもありました。

写真が趣味の父は、

いくつかのサークルに入ったり、

自分で写真教室を開いたりしています。

5年の間に、外で行なっていた教室を、

自宅で出来るようにしました。

 

このような今のスタイルになるには、

時間が掛かりました。

 

急にいなくなった寂しさを紛らわすために、

無理に動いてみたり、

嘆いたり、色々ありました。

自分で、目標を決めて行動したり、

母との思い出を、アルバムにまとめたり。

誘われた旅行に出かけたこともありました。

 

これらの自分で乗り越える作業は、

娘たちが勧めても、

納得できないでしょう。

自分で、自分の心を見つめて、

何が足りないのか?

何をしたら喜ぶのか?

それを探っていくしかないのだと思います。

 

一緒に住むことは、

最終手段だと、今は思っています。

それぞれの生活スタイルを

尊重することで、

ストレスも生じないのでは、と思うのです。

それでも、何かあれば、すぐに駆けつける。

 

たまに見る実家は、

気になるところもあるのですが、

今は父の想いを大切にしています。

余計な口出しは、あまりしていません。

 

親子でも、

リスペクトすることが、

大事ではないかしら。

 

最近の父の言葉。

「人生には想定外のことしか起こらない」

だそうです。

 

今日も素敵な1日に。

 

 

お読みくださり、

ありがとうございました。

 

******************

 

 

お問い合わせは、HPから。

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

* 青梅のサロン

ご希望の日にちを第3希望まで書いて、お送りください。

sistermoon1111@@gmail.com   @一つ取ってくださいませ。

13:00から17:00

 

マーマーマガジンをご覧になりたい方も、

お気軽にご連絡ください。

 

 

一日、お一人様のゆっくりとした時間で、

お話を聞かせていただきます。

安心した空間ですので、ぜひお試しください。

ご連絡いただいた方に、場所をお知らせいたします。

 

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

*満月と新月に

インナーチャイルドカードで、

半月のリーディングをしています。

Facebook、インスタグラム、Twitterで、見られますので。

宜しかったらご覧下さい。

 

**********

 

facebook

instagram

twitter

 

フォローよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP