海が好きすぎて・・・

1月27日 (金)

二十四節気 大寒  七十二候 水沢腹く堅し(みずさわあつくかたし)

今日のカード  The answer is simple  :    turn back

迷ったら原点に戻ってみましょう。

securedownload

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、旧暦の大晦日。

明日は新月。

旧暦の元旦ですね!

宇宙の流れの中でも、珍しい新月なのだそうです。

願いが叶いやすいのだとか。

さぁ、どんなお願いをしますか?

考えるだけでもワクワクしますね。

 

ブログを少しお休みしました。

娘と温泉へ行ってきました。

時々、娘と旅に出ます。

今回は、とにかくのんびりしよう!という事で、

温泉にしました。

様々な邪念は捨てて、(料金とか、手軽だとか・・・)

ほんとに、今必要な場所を選ぼうと思いました。

結果的に大満足でした。

どのサービスをとっても、

もうちょっとなぁ・・・という所は無くて、

また、来てみたいなぁと思いました。

 

幅広い層をターゲットにせずに、

サービスも特化していて、

それが快適さの所以だと感じました。

 

一番気に入ったのはお風呂でした。

securedownload

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに、お風呂にはカメラは持っていけないので、

ガイドブックからですが、この様なお風呂でした。

 

この所、海が見たくて、見たくて仕方なかったのです。

この風景は、部屋からも見られたので、

永遠に、眺められそうなくらい、

ずーっと、海を見ていました。

お風呂に浸かりながら、海が見られるのだと思うと、

ワクワクして、いざ女湯へ!

ホテルにいるだけでも、

なんだかんだ忙しいスケジュールになっていたのに、

3回もお風呂に入っておりました。

 

そのうちの1回は、真夜中に入りました。

それでも、数人の方はいたのですが、

寒い中恐る恐る露天風呂にむかいました。

すると、誰もいない!

遠くに見える大島の町の灯りが小さく見えます。

風に揺れる、木々の音。

遠くを行く船もない。

誰もいない!

この開放感が、また何とも言えないのです。

 

夕方、真夜中、早朝、の3回。

どの時間もよかったのですが、

開放感は真夜中が最高でした!

 

海が好き過ぎて、どの時間の海も見たいと思い、

ワクワクにしたがって行動してみたら、

何ともステキな時間をプレゼントしてもらえました。

 

旅は様々な出来事が重なって、

ステキな思い出になります。

今回は、ステキな思い出がたくさん出来たのですが、

その1つ。

伊豆急の黒船号に乗れました!

これが特急じゃないなんて。

何だか得した気分!

securedownload

 

 

 

 

 

 

 

窓も大きくて、何だか楽しい!

小さな事でもよいのです。

私が嬉しいんだもの。

ということで、

楽しい旅になりました。

 

ぜひぜひ、行きたい所へ、

ドンドン妥協せずに行きましょう!

そして、ステキな新月をお迎え下さいませ。

 

 

 

 

 

sistermoon のおみくじ付きですよ!

***********************

新春ハッピーメニュー

ムーン姉さんの 「あなたの笑顔が見たい」キャンペーン!!

30分、カードリーディング、3000円也。

好評でしたので、少しですが、2月も受け付けます。

ご希望の日にちをお知らせ下さい!

きっと、ハッピーな切っ掛けがつかめますよ!

このメニューは対面かスカイプで、メールでもお受けします。

お申し込みの方は、コチラまで

sistermoon1111★@gmail.com     ★を@に変えてお申し込み下さい。

1月のセッションは閉め切りました。

2月からの、ご希望の日にちとお時間を書いてお申し込み下さい。

対面の方は、場所は相談致しましょう。

メールの方は、しばらくお時間頂きます。

「あなたの笑顔が見たい」

SMAPの最後のアルバムに、ライブで歌われていた、『チョモランマの歌』があります。

あなたの笑顔が見たい

あなたの笑顔を作る

・・・中略・・・

幸せに生きる事は

簡単な事さ

この歌がとても元気をくれます。

この歌のように、私も皆さんの笑顔が見たいなぁと思います。

悩みが有っても、何処かに出口が有るハズ!

一緒に笑いましょう!

*************************

お問い合わせ

http://sistermoon11.com

http://sistermoon1111.jimdo.co

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP