子供から教わる事

子供たちのことばには、大きな気付きのあるときがあります。

うちの二人の子供達や、姪っこ達も、なかなか本質をつく

鋭い表現をするので、会話を楽しんでいます。

 

人生は選択の連続ですが、

写真は、娘とカフェ(ラ・メゾン)で迷いに迷って選んだケーキです。

そこで、選択の話になり、思い出した事がありました。

私は小さい頃から、周囲の人の顔色を見る子でした。

周囲の大人達の望む答えを言える子でした。

今思えば、子供らしくないし、全然自分を大切にしていません。

でも、大人達は褒めてくれるし、喜んでくれていたし、

何より、いい子であるべき と思っていたのですね。

・・・今ならあの時の自分に、頑張らなくて良いよ!と言いたいです・・・

たとえば、何か買ってくれると、誰かが言ったら、

値段、タイミング、大きさ、もうあらゆる事を考えて、

「これが欲しかった」と言う子でした(かわいくない!)

 

でも、うちの子達は、そういう時には全く違いました。

まぁ、もちろん値段は考えたでしょうが・・・

好きなものを見つけるまで探す。

妥協しない。

時間も気にしない。

気に入ったものが無ければ、買ってもらわない。

そして、そうやって手に入れたものは、

何度も使い、大切にする、のです。

何年経っても、「あそこで買ってもらったあれは、大好きだった」

と言ったりするのです!

自分に置き換えると、義理で買ってもらったものは、

やはり愛着も無く、記憶に無い様に思えます。

 

他にも、人生の選択をする時、彼らは妥協しません。

習い事も、やりたい事はやらせてきましたが、

親のエゴでやって欲しくても、泣きながら辞めたいと言われたら、

受け入れてきました。

学校も、部活も、就活も、親の意見が入る隙間がありません(笑)

いつも妥協せず、自分の選択をしてきました。

親は見守る事しか出来ません。

 

さて、私はと言うと、年を重ね選択は自由に出来る様になりました。

でも、まだ子供達の言葉に、唸ってしまう事も多いですね。

それも、楽しんでいるのですが・・・!

 

ルノルマンカード、好評いただいています!

新しいメニューです

イベントのお問い合わせ・カードリーディングのお申し込みはこちら       https://sistermoon11.com/cardleading/

 
securedownload

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP