ミラクルに溢れている

こんばんは。

 

 

6月23日(日)

ムーン姉さんこと

sistermoon  いのうえひとみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏至の昨日は、

都内をあちこち移動して、

自分の見ているもの、

違和感を感じるものと、

今、の自分の位置を確認する様な

時間を過ごしました。

 

友達との約束の前に、

東京カテドラル聖マリア大聖堂へ行ってきました。

丹下健三の建築。

荘厳なパイプオルガン。

シンプルだけれど、

美しく真っ直ぐな気持ちになるのです。

何故か分かりませんが、

入った途端に、

涙が溢れてしまったのです。

 

sistermoon の名前も、

聖フランシスコの映画

「ブラザーサン・シスタームーン」

から取ったものなので、

魂が震えたのかもしれません。

 

 

教会を、お聖堂(おみどう)と呼ぶことや、

長椅子にひざまづいて祈るための台があることなど、

カトリックの女子校だった出身校と同じで、

非常に懐かしく、

何時間でも座っていられそうでした。

 

高校の時に、何かあると

お聖堂へ行き、習ったお祈りを唱えていました。

大したことではなかったですが・・・。

椅子に座ったら、そのことを思い出しました。

わたしは、ロザリオの祈りが好きだったので、

少し唱えてみましたよ。

(あの頃に習った、お祈りや聖歌は、かなり覚えています)

 

ピエタ像や、マリア様は、

置かれている場所もすごく良くて、

自分と向き合える時間でした。

 

そうしている内に、

結婚式が始まりました。

(大浦天主堂でも結婚式が始まりました。ラッキーです)

見学者も、端に座らせてもらい、

一緒に参列し、祝福しました。

日本で最大の

教会用のパイプオルガンも音も聞けて、

とてもクリアになりました。

 

また、外にある  ルルドの岩屋。

高校の時に、同じ様なルルドの岩屋が出来て、

フランスのルルドの岩屋と同じ様に作られています。

ですので、

ルルドのマリア様は、

とても親しみがあります。

 

キリスト教には、奇跡の様な話が

沢山あります。

ルルドや、ポルトガルのファティマでの奇跡のお話を、

シスターが授業でされた時に、

すごーくワクワクしました。

 

まぁ、子供の頃から、

この様な話が大好きだったのですねー。

 

奇跡って、

信じる人は信じるし、

信じない人は、信じません。

 

今、現実に、

見ている世界も、自分が見たい様に見ているのだとしたら、

奇跡を念ずれば、

奇跡と言われることが、

起こるのかもしれません。

 

科学でも証明できないことが増えて来ているのだとか。

目で見えるものなんて、

ほんの一部で、

見えないこと。

知らないことの方が、

遥かに多いのだそうです。

 

そう思っていた方が、

楽しいと思ってしまいます。

だって、不思議なことって、

起こるってこと。

もう多くの人が、経験してるはずです。

 

楽しいことばかりを

考えていたら、

あなたの現実はどうなるでしょう?

 

ね。楽しみです。

 

お読みくださり、

ありがとうございました。

 

******************

 

 

お問い合わせは、HPから。

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

* 青梅のサロン

ご希望の日にちを第3希望まで書いて、お送りください。

sistermoon1111@@gmail.com   @一つ取ってくださいませ。

13:00から17:00

 

マーマーマガジンをご覧になりたい方も、

お気軽にご連絡ください。

 

 

一日、お一人様のゆっくりとした時間で、

お話を聞かせていただきます。

安心した空間ですので、ぜひお試しください。

ご連絡いただいた方に、場所をお知らせいたします。

 

*sistermoon  のサイトはコチラ  

 

*満月と新月に

インナーチャイルドカードで、

半月のリーディングをしています。

Facebook、インスタグラム、Twitterで、見られますので。

宜しかったらご覧下さい。

 

**********

 

facebook

instagram

twitter

 

フォローよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

TOP
TOP